第30回ITS世界会議2024ドバイ

第30回のITS世界会議はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開催されます。ITS世界会議始まって以来初の中東での開催となります。以下に概要をご案内します。

 

開催概要 (2024年5月20日 更新)

【会議テーマ】”Mobility Driven by ITS”
【会期】     2024年9月16日(月)-20日(金)  
【公式ホームページ】https://itsworldcongress.com/ 
【会場】   Dubai World Trade Center
【主催】         Dubai‘s Roads and Transport Authority (RTA-ドバイ道路交通局)

【大会規模】国外からの参加者20000人
                  展示会場15000m2
                  出展者500団体以上

 

コングレストピック

  • Urban Mobility
  • Innovation in Transport and Logistics
  • Clean Mobility
  • Automated Mobility

セッションフォーマット

  • プレナリセッション
  • インターナショナルフォーラム
  • リージョナルフォーラム
  • スペシャルインタレストセッション(SIS)
  • ストラテジックフューチャーセッション(SFS)
  • テクニカルペーパー
  • リサーチペーパー

セッションプログラム

最新のセッションスケジュールは公式ホームページで公開されています。   

プレナリセッション

   Plenary 1: Safe, Trustworthy and Resilient Mobility Ecosystems in Changing Times
     日時:9月17日 9:00-10:30
      キーノート:未定
      モデレータ:フランス ITF 事務局長  Young Tae Kim
      欧州登壇者: ベルギー UITP 事務局長  Mohamed Mezghani
      欧州登壇者: スイス IRF 事務局長  Susanna Zammataro
      AP登壇者:日本政府代表経済産業省にご登壇調整依頼中   
      その他登壇者調整中

   Plenary 2: ITS Beyond the Road: Interconnecting All Transport Modes
     日時:9月18日 9:00-10:30
      キーノート:未定
      モデレータ:未定
      欧州登壇者: ベルギー アントワープ・ブルージュ港湾公社Digital & Innovation担当チーフオフィサー Erwin Verstraelen                             
      欧州登壇者: 英国 運輸省 Chief Scientific ディレクタSarah Sharples
      AP登壇者:台湾 TTIA(台湾車聯網産業協会)会長・台湾ドローンアライアンス会長・台湾交通部前副大臣 M.F. Wu 
      その他登壇者調整中

   Plenary 3: Accelerating Mobility Transition Towards Smarter and More Sustainable Cities
     日時:9月19日 9:00-10:30
      キーノート:未定
      モデレータ:英国 Cities Forum 共同設立者 Zeina Nazer
      欧州登壇者: UAE RTA (ドバイ道路交通局)公共交通局 CEO Ahmed Bahrozyan
      米州登壇者: 米国 Yunex Traffic CEO Jon Newhard
      AP登壇者:豪州 Keolis Downer Future Mobility & Corporate Affairs ディレクタ Segolene Deeley(予定)
      その他登壇者調整中

インターナショナルフォーラム(IF)(全8セッション)

      IF1: Data and AI for Future Mobility: What‘s at Stake? 
      IF2: Harnessing Intelligent Transportation Systems for Sustainable Futures 
      IF3: Innovations for integrated ITS 
      IF4: Using AI in ITS: What is the Impact?”
      IF5: Cooperative ITS – Automated Vehicles and large scale real world applications 
      IF6: Urban Mobility Innovation: Will drones really change life in cities?
      IF7: Fair Mobility as a Service (Fair MaaS) towards Digitalized Sustainable Transportation
      IF8 Electrification: A Green Revolution Against Climate Change? 
      リージョナルフォーラム(米州)
      Safety Potential of Connected Automated Vehicle Technologies for Freight Operation

スペシャルインタレストセッション(SIS)

 欧州:51, 米州:29,  AP:18, Host: 8
 日本からの11セッションは以下の通りです。
      SIS25: A new Mobility Roadmap of Japan and activities by the Japanese government (ITS Japan)
      SIS32: Rationale and Validation of Cooperative Perception Services for Connected & Automated Vehicles (同志社大学)
      SIS56: How to solve societal issues for the realization of sustainable mobility services(東京大学)
      SIS60: Current Actual Status of V2X in Europe, US and China    (トヨタ自動車株式会社)
      SIS62: Current and future of semiconductor in automotive: No progress without innovation (名古屋大学)
      SIS67: Strategy of V2X radio spectrum allocation toward the advancement of  Cooperative Automated Vehicle(総務省)
      SIS68: Sustainable operational model for automated mobility by utilizing cooperative system(東京大学)
      SIS71: Support from road infrastructure for the realization of connected and autonomous mobility(国土交通省)
      SIS75: Strategy of Practical Implementation of V2X Systems for Traffic Accident Avoidance (警察庁)
      SIS77: C-ITS for Automated Driving in the Future~ ”Current Actual Status of V2X in Europe, US and China”
                                                                                              (トヨタ自動車株式会社)
      SIS95: ITS Facility Management: Exploring the Benefit of Road Users, Operators and Society                                                                                                                                              (西日本NEXCOファシリティーズ)

ストラテジックフューチャーセッション(SFS)

 欧州:5米州:3 AP:3
 APからの提案は以下の通りです。
      SFS2: AI and data for transport system management (Australia)
      SFS4: Global Commercialization Policy and Strategy for Future Mobility (Korea)
      SFS10: Challenges and Prospects of Autonomous Bus Operations in Asia Cities (Chinese-Taipei)

論文発表

      リサーチペーパー・テクニカルペーパーを合わせて198篇の論文が発表される予定です。

展示会

・開場時間:9月16日:17:00 – 19:30 
                  9月17日:8:30 – 19:30 
                  9月18日:8:30 – 19:30
                  9月19日:8:30 – 19:30
                  9月20日:8:30 – 16:00

・ブース価格

・展示会場のレイアウト
  最新のフロアプラン及び予約フォームは公式ホームページをご覧ください。

Exhibition Brochureはこちらからダウンロードできます。 

・ITS Japanパビリオンは小間数完売につき出展者募集を終了致しました。ありがとうございました。

・単独出展(Japanパビリオン外)を、今回(2024ドバイ)から初めてご決定される企業・団体様におかれましては、ERTICOへの出展予約の際、こちらのBooking Formをダウンロード及びご記入の上、ERTICOへの送信(cc: でintl@its-jp.org)をお願い申し上げます。なお、従来から単独出展されている企業様も同じBooking Formをご使用できます。

テクニカルビジットとデモンストレーション

  • Enterprise Command & Control Center (略称:EC3)
  • Mohammed Bin Rashid Al Maktoum Solar Park (Dewa Innovation Center)
  • Dubai Silicon Test Hubs
  • Museum of the Future
  • Jebel Ali Port / DP World Logistics Centre
  • Dubai Intelligent Traffic Systems Centre
  • Self Driving – GM Cruise
  • Metro Depot in Rashidya
  • Dubai Airport (DXB) Control Centre

その他の企画

  • Future of Mobility SUMMIT:9月16日
  • Public Day:9月19日

ウェビナー

参加登録費

一般・学生・展示会ビジターの会議登録を受付中です。

 

早割料金

3/21-6/15

スタンダード料金

6/16-9/1

フル料金

9/2-

Full Congress Delegate Pass

€1250

€1450

€1650

1 Day Full Congress Delegate Pass

€750

€850

€950

登壇者Full Congress Pass

€1125

€1305

€1485

展示会Visitor Pass

€75

€100

€125

すべての料金にUAE VAT 5%がかかります。

料金の詳細は公式ホームページをご確認ください。

今後の予定

2024年 6月15日        早期割引締切
2024年 9月16-20日 ITS世界会議

皆様の参加をお待ちしております。