GTGS(Global Technology Governance Summit)開催記念セッション 「地方交通における MaaS」の案内

2021.04.01

世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターより、GTGS(Global Technology Governance Summit)開催記念セッション 「地方交通における MaaS」の案内がありましたのでお知らせします。

世界経済フォーラムは、初のグローバル会議、GTGS を 2021 年 4 月 6-7 日に日本をホスト国として開催いたします。GTGS では、世界各地をオンラインでつなげ、官民連携して、デジタル・トランスフォーメーションの可能性やパンデミックからの復興と技術活用などを議論します。

また、第四次産業革命日本センターモビリティチームは、プロジェクト「持続可能な地方交通のあり方」において、地方交通における MaaS の課題や住民視点にとって便利かつ事業性を確保した地方交通の維持などをテーマに活動を行っており、2021 年 4 月には白書「MaaS を用いた地方モビリティの変革」を発行予定です。

この GTGS 開催および白書出版を記念して、第四次産業革命日本センターは GTGS 記念セッション「地方交通における MaaS」を下記の通り開催いたします。多様な登壇者によるパネルセッション形式のイベントとして開催致します。当日はご視聴および Zoom webinar の Q&A 機能を使用しての質問の投稿が可能です。皆様、奮ってご参加ください。

GTGS(Global Technology Governance Summit)開催記念セッション

 ■詳細・申込みについて

本セッションは無料ですが、事前登録が必要です。
下記 URL よりお申し込みください。(申込締切4月2日)
https://weforum.zoom.us/webinar/register/WN_PAD1LTSJRbGBqRc1ZnIBpQ

■登壇者

モデレーター:
ITS Japan 専務理事 天野 肇

パネリスト:
国土交通省 総合政策局モビリティサービス推進課 企画官 土田 宏道
Austria Tech Managing Partner Martin Russ
呉工業高等専門学校 教授 神田 佑亮
株式会社アイシン ビジネスプロモーション部 部長 加藤 博巳
MaaS Tech Japan CEO 日高 洋祐

 ■開催日時 2021年4月5日(月)16:30〜18:00

 ■開催方法 Zoomを用いたオンライン開催(日英同時通訳あり)

 ■内容

 Part 1「MaaS による外出促進および地域の活性化」
地方交通は人口減少等により利用者が減少し、便数減等のサービス低下を招き、地方交通の利便性が下がった結果地域住民の外出が減少し、更にサービス低下するという悪循環が発生している。この中で、MaaS がどのように地方住民の外出促進、ひいては地域の活性化をサポートできるかについてパネリストが議論をします。

Part 2「地方における交通事業の事業性の確保」
地方の交通事業は厳しい事業環境の中で運営していく必要があるが、どのようにして事業性・採算性を確保していけるか、日本の取り組み以外にオーストリアの最新動向も紹介をしつつ各種ステークホルダーの役割や今後のモビリティ事業のスキームについて議論します。

 ■プログラム

 16:30-16:40 白書とセッション内容の紹介

 16:40-16:55 登壇者の紹介

 16:55-17:45 パネルディスカッション

 17:50-18:00 まとめ、閉会の挨拶