ITS関係者の広場

ITS関係者の広場                          過去の履歴を見る

ITS Japanの会員様の情報、ITS関係のイベントなどをご紹介します。
掲載をご希望の方は、こちらの[問合せフォーム]にてご連絡下さい。
なお、内容によっては掲載をお断りする場合もございますので御了承下さい。

公益財団法人 高速道路調査会からのお知らせ
「平成29年度研究助成課題の募集について」

2016.11.16

助成対象とする研究:高速道路等に関連する社会経済的、技術的な研究
募集期間:平成28年11月9日(水)から平成29年1月10日(火)まで
応募方法等の詳細は、以下を参照下さい
http://www.express-highway.or.jp/hyosho/kenkyujosei/

 

愛知県立大学情報科学部からのお知らせ
知の拠点あいち重点研究プロジェクトがスタートしました

2016.11.09

愛知県立大学では、知の拠点あいち重点研究プロジェクトに採択され、「交通事故軽減のための安心安全管理技術の開発」に関する研究が開始されました。
このプロジェクトに際し任期付専任教員(2名)を募集しています。

参考URL :
知の拠点あいち重点研究プロジェクト
「交通事故軽減のための安心安全管理技術の開発」
http://www.astf-kha.jp/project/project1/files/astf_PR_9.pdf

愛知県立大学情報科学部任期付専任教員の募集
http://www.puc.aichi-pu.ac.jp/saiyou_files/281026_kyoin_joho_kogaku_ninkitsuki.pdf

問い合わせ先
 愛知県立大学 情報科学部 
 小栗研究室〈知の拠点あいち重点研究プロジェクト〉
 杉田 和美
 e-mail:kazumi_sugita@puc.aichi-pu.ac.jp
 愛知県長久手市茨ケ廻間1522-3
 Tel:0561-76-8826(ダイヤルイン) 内線:3502
 Fax:0561-64-1105

 

内閣府からのお知らせ
「SIP-adus 自動走行システム」のホームページがリニューアルされました。

2016.08.31

詳細は上記リンクをご確認ください。

 

一般財団法人 日本自動車研究所(JARI)からのおしらせ
 『ITS産業動向に関する調査研究報告書 
   -ITS産業の最前線と市場予測2016-』を発行  

2016.08.23

JARIでは『ITS産業動向に関する調査研究報告書』の2016年版を発行いたしました。本調査報告書は、自動走行や安全運転支援システムなど、ITSやその周辺技術などの最新動向を網羅的に把握いただける内容となっています。
ITS関係者だけでなくその関連技術やサービスにご関係の深い皆様、新しく参入をお考えの方々にとっても、現在の動向や課題等についての分析は、他にはない貴重な報告書です。

【2016年版報告書の特長】

  • 国が進める自動走行などのITSやICT関連の施策を整理。
  • 安全運転支援システムの最新動向と併せて、今後の進化に併せたセンサーデバイスの搭載見通しについて調査。
  • 協調ITSシステムの普及に向けた課題や普及策等についてアンケート調査を実施。
  • 自動走行システムの国内外での取組みについて網羅的に紹介。併せて、システム実現にむけた技術的な課題や、人間と機械との役割分担について自動走行のレベル毎に整理を実施。また、今後の実用化に向けて、自動走行システムが社会に受け入れられ、有効に活用されていくための非技術的な課題を整理して紹介。加えて、レベル毎の自動走行の実現時期や実現に向けた課題などのアンケート調査結果を紹介。
  • 自動車が様々なメディアと繋がり、様々なデータのやり取りをするための自動車のセキュリティとビッグデータ活用について、その開発状況や標準化の動向、最新の動きについて米国、日本の動きを併せて紹介。
  • 地球規模で起きている人口増加や環境問題の解決に向けて新たなモビリティの確保が望まれているなかで、課題先進国としての日本が抱える課題を整理し、その課題解決に向けて進む様々な取組みについて紹介。

詳細内容については下記URLを参照ください。ご購入のお申し込みにつきましてもこちらのページから可能ですので、是非ご検討ください。

参照URL:http://www.jari.or.jp/tabid/534/Default.aspx

 

TASS International株式会社からのお知らせ
 ADAS開発最前線 『PreScanセミナー』
 ~膨大なテストを必要とするADAS開発の期間短縮を目指して~

2016.04.19

膨大な走行テストを必要とするADAS開発の期間短縮には、シミュレーションの適用による効率アップが不可欠です。
本セミナーでは、ユーザー様のPreScan活用事例と、TASS本社からの開発計画を紹介いたします。
また、PreScanの最新機能のデモンストレーションも実施いたしますので、ADASシミュレーションにご興味をお持ちの方は、是非ともご参加ください。

◇日時:2016年5月18日(水)13:00~17:00
◇会場:名古屋プライムセントラルタワー13F 
     アクセス:http://www.nagoyakaigishitsu.com/prime/access/index.html
◇発表者:豊田工業大学様、株式会社デンソー様、ベクター・ジャパン株式会社様、
     MathWorks Japan様、TASS International
◇参加費:無料
◇お問い合わせ先:TASS International株式会社(担当 石田)
         電話  045-473-7955
         E-mail info.jp@tassinternational.com
参照URL:
http://www.tass-safe.jp/news_release/PreScanSeminar_Nagoya_2016-5-18.pdf

 

お問い合せ先

特定非営利活動法人 ITS Japan
総務グループ
〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館ビル 3階
TEL: 03-5777-1011 FAX:03-3434-1755
Webからのご連絡には問合せフォームをご利用下さい。