プログラム概要

開催概要 プログラム概要 オンライン開催について
大会委員会 参加登録

対話セッションについて

12月9日(木)

12月10日(金)

開会式

はじめに

企画セッション2
自動車と人を繋ぐヒューマンマシンインタフェースの
これまでとこれから
基調講演
最先端テクノロジーを活用したビジネスモデルによる
新たなモビリティ社会の創造

対話セッション3-A
交通管理・制御

対話セッション3-B
安全・安心
対話セッション1-A
センシング
対話セッション1-B
実態分析
対話セッション4-A
V2X
対話セッション4-B
社会実
対話セッション2-A
HMI / 認知
対話セッション2-B
新モビリティ
企画セッション3
地域に溶け込むITS
企画セッション1
エネルギーマネジメントとITS
閉会式

プログラムはこちらをご覧ください。

開会式

12月9日(木) 10:00-10:10

実行委員長挨拶    森脇 久隆        国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学 学長
主催者挨拶          佐々木 眞一     特定非営利活動法人ITS Japan 会長

はじめに

12月9日(木) 10:10-10:15

プログラム委員長   倉内 文孝      国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学 教授

基調講演

12月9日(木) 10:15-11:00
最先端テクノロジーを活用したビジネスモデルによる新たなモビリティ社会の創造

モビリティのあり方そのものが抜本的に移り変わる新たなモビリティ社会において、自動車業界は大変革の局面に差しかかっている。モビリティそのものやITS技術の進歩というモノづくりのアプローチのみならず、それらを活用したコトづくりの思考による社会創造こそが今まさに求められている。

ここではモビリティを活用した社会課題解決を実践するGlobal Mobility Serviceが行う金融包摂型Fintechビジネスの事例を通じ、新たな時代に求められる社会創造の思考について、皆様にお伝えする。

キーノートスピーカ
中島 徳至  Global Mobility Service株式会社 代表取締役社長

企画セッション

12月9日(木)  16:00-17:30
企画セッション1   エネルギーマネジメントとITS

SDGsにおける17の目標の1つとして、すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する事が挙げられており、2030年までに世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させることがターゲットの一つとなっている。日本政府は2050年までにカーボンニュートラル社会を実現するとの目標を掲げ、自動車メーカーもそれに向かって取り組む姿勢を見せている。本セッションでは、交通政策とエネルギーの関わりや電気自動車の高度な利用と電力需給の関係、エネルギーマネジメントシステム等、幅広い視点から議論を行い、エネルギーマネジメントにおけるITSの可能性を探る。

モデレータ
鈴木 達也      名古屋大学大学院工学研究科 機械システム工学専攻 教授

パネリスト
東 智徳          国土交通省 都市局都市計画課 都市計画調査室長
須永 大介       中央大学理工学部 都市環境学科 助教
山本 信          トヨタ自動車株式会社 コネクティッドカンパニー コネクティッド統括部  ITS推進室長

12月10日(金)  9:30-11:00
企画セッション2   自動車と人を繋ぐヒューマンマシンインタフェースのこれまでとこれから

自動車の代表的なヒューマンマシンインタフェース(HMI)であるステアリングホイールとペダルの形状・レイアウトが現在のようなものになって久しい。また、当初は速度計や燃料計といった基本的な情報のみを提示する計器類も、自動車が高度複雑化するにつれて増えて続け、今ではナビゲーション情報や運転支援に関する情報なども提示されるようになった。さらに、自動運転時代に突入しようとしている現在、新しいHMIのあり方について研究開発が盛んになっている。本企画セッションでは、これまでの自動車のHMIの歴史を振り返った後に、最新のHMI研究に従事する研究者から話題提供していただいて、自動運転時代のHMIについて議論していただく。

モデレータ
平岡 敏洋      東京大学生産技術研究所 特任教授

パネリスト
赤松 幹之       産業技術総合研究所 ヒューマンモビリティ研究センター・名誉リサーチャー
中野 公彦       東京大学生産技術研究所 教授
大門 樹          慶應義塾大学理工学部 教授
田中 貴紘       名古屋大学未来社会創造機構 特任教授

12月10日(金)  16:00-17:30
企画セッション3    地域に溶け込むITS

第19回ITSシンポジウムでは「ITSは社会にとけこんだか」をテーマに掲げている。2009年に開催した第8回ITSシンポジウム「社会に溶け込むITSへ」から12年を経て、ITSが社会に溶け込んでいるのだろうか。もしくは未だ発展中、不十分であるとしたら、社会に溶け込むために、必要な要件は何だろうか。地域で実践されているITS、スマートシティなどに着目し、事例を通じて、ITSを振り返る。

モデレータ
楠田 悦子      モビリティジャーナリスト

パネリスト
野崎 洋之      株式会社野村総合研究所 財務部 財務企画課長
剱持 千歩      一般社団法人ライフアンドモビリティ 理事
中村 彰二朗   アクセンチュア株式会社 アクセンチュア・イノベーションセンター福島 センター長
岡本 武彦      岐阜市役所 都市建設部 コンパクトシティ推進審議監

対話セッション

8セッションにて約100編の論文が発表されます。詳細はプログラムをご覧ください。

オンライン交流会

12月9日(金) 17:40~

オンラインで実施検討中です。

閉会式

12月10日(金) 16:30-17:00

  • プログラム委員長総評        倉内 文孝   岐阜大学 工学部社会基盤工学科 教授
  • ベストポスター賞授与
  • 次回プログラム委員長挨拶    中野 公彦   東京大学 生産技術研究所 教授