対話セッション資料提出要領

開催概要 プログラム 松山会場 オンライン会場
対話セッション 参加登録 大会委員会  

第18回ITSシンポジウム2020は、リモート参加も可としながら、全プログラムを現地で開催するハイブリッド形式で実施する予定です。感染防止を図った会場で行われるセッションに、遠隔地から参加される方がオンラインで加わる形となります。会場では、マスクを着用する、大声を出さない、3密を避け互いに距離を取る、といったコロナ禍における基本ルールを順守していただいたうえで、現地におかれてもセッション中はZoomを使用し、パソコンやタブレット、スマートフォン等の端末を通してコミュニケーションしていただくことになります。ハウリング等の通信上の問題を避けるため、ウェブ会議用のヘッドセットを必ず装着していただく必要があります。

本年の対話セッションについて

以下のように実施します。Zoom使用等の詳細は後日公開する登壇要領をご参照ください。また、発表者のためのリハーサルを開催直前に実施する予定です。
提出要領日本語版はこちら          英語版はこちら

ショットガンとベストポスター賞選考

例年実施していた短時間の概要紹介(ショットガン)は行わず、代って発表動画を参加者閲覧サイトに掲載します。また、セッション中に実施していたベストポスター賞選考も本動画を対象に事前に選考することとします。

ポスター発表

Zoomブレイクアウトルーム機能を使用します。発表者は割り当てられたブレイクアウトルームで待機し、パワーポイントで発表を行います。聴講者は各論文ルームを自由に出入りしながら、聴講したい論文の発表者と情報交換を行うことができます。会場でポスターの掲出はせず、各論文にディスプレイを設置します。

公開討議

全発表者と聴講者は各ブレイクアウトルームから上位のZoomミーティングに移動し、モデレータの司会により公開討議を行います。ここではモデレータと発表者が質疑を行い、聴講者はチャットで討論に参加します。

提出資料について

対話セッションで発表を予定されている皆様には、参加形態(現地/リモート)に関わらず以下3種類の資料の提出をお願いいたします。

  • 期限: 11月13日(金)
  • 提出方法: 大塚商会アルファオフィスのファイル送信サービスを使用します。
                   11月10日頃にURLをお送りします。全資料一緒にアップしてください。
                      ・アップロードできるファイルは計2ギガまで
                      ・本サービスの使用は1回のみ。再登録や差し替えはできません。

1. 論文

査読ありでジャーナル (IJIT)に投稿された方

1-2ページのアブストラクト

  • ファイル形式:PDF
  • ファイル名:講演番号  例) 1-A-01.pdf
  • 指定のテンプレートに従ってご作成ください。
  • 論文名・著者情報・論文概要は日英併記で記載して下さい。
  • ページ番号は入れないで下さい。
  • パスワードや印刷不可等のセキュリティ制限をかけないで下さい。
  • Mac OSのファイルは不可です。
  • 掲載場所:(事前・会期中) 参加者閲覧サイト → (事後) ITS Japan会員限定サイト

査読なしでアブストラクトを投稿された方

6ページまでのフルペーパー

  • ファイル形式:PDF
  • ファイル名:講演番号  例) 1-A-01.pdf
  • 指定の論文フォーマット ワード版/LaTex版に従ってご作成ください。
  • 論文名・著者情報・論文概要は日英併記で記載して下さい。
  • カラー原稿を推奨します。図表類は本文中に埋め込んで下さい。
  • ページ番号は入れないで下さい。
  • パスワードや印刷不可等のセキュリティ制限をかけないで下さい。
  • Mac OSのファイルは不可です。
  • 掲載場所:(事前・会期中) 参加者閲覧サイト → (事後) ITS Japan会員限定サイト

人を対象にした研究について

人を対象とする研究においては研究対象者の尊厳および人権を尊重するとともに、被験者の生命・健康・安全の確保に配慮しなければなりません。研究対象者に係るデータや情報は適切に扱い、プライバシーを保護するとともに、被験者からインフォームド・コンセントを得なければなりません。また、研究を計画、実施するにあたっては所属機関等の倫理委員会の承認を得ることが必要です。

論文著作権の帰属(譲渡)について

掲載された論文の著作権(著作権法第27条、第28条に定める権利を含む)は特定非営利活動法人ITS Japan に帰属(譲渡)します。著作者自らが、著作物の全文または一部を複製・翻訳・翻案などの形で利用する場合、ITS Japanは原則としてその利用を妨げません。ただし、インターネットのホームページなどに全文を登載する場合は、ITS Japanへ通知いただかなくてはなりません。第三者から、著作物の全文または一部の複製利用(翻訳として利用する場合を含む)の申込みを受けた時には、ITS Japanは特に不適切とみなされる場合を除き、これを許諾することができます。この場合、ITS Japanは著作者に著作物利用の概要を通知します。

2. 発表資料

下記の動画で使用したパワーポイント資料

  • 指定のテンプレートに従ってください。
    日本語版はこちら   英語版はこちら
  • スライドサイズは16:9。スライド枚数の制限はありません。
  • ファイル形式:PDF
  • ファイル名:講演番号_ppt   例) 1-A-01_ppt.pdf
  • 掲載場所:(事前・会期中) 参加者閲覧サイト → (事後) ITS Japan会員限定サイト

3. 発表動画

パワーポイントを使ってZoomでプレゼンを行い、レコーディングしたもの

  • 発表時間:5分程度
  • ファイル形式:MP4
  • ファイル名:講演番号  例) 1-A-01.mp4
  • 事前・会期中のみ参加者閲覧サイトに掲載。その後廃棄します。

<録画時の注意事項>

  • 発表者のカメラ画像に映るもの(特に背景)に著作権の問題が発生しないよう注意してください。
  • Zoomアプリの設定→レコーディング→「画面共有時のビデオを録画する」にチェックを入れてください。
  • 資料を共有する際はパワーポイント右上の「リボンの表示オプション」で「自動的に非表示」を選択し、スライドを大きく表示させてください。
  • 録音を開始してからプレゼンを始めるまで、プレゼンを終了してから録音を切るまでの無駄な部分はカットしてください。
      Windows10標準ソフト「フォト」が便利です。
         – 動画ファイルを右クリック→プログラムから開く→「フォト」を選択
         – 画面右上の「編集と作成」→「トリミング」をクリック

参加登録のお願い

発表される方は11月13日(金)までに参加登録を完了してください。

参加登録料

論文発表者参加登録料 (論文投稿料を含む)
一般 15,000 円 / 学生 8,000 円

 

発表者以外の方の参加登録は以下の通りです。
11月30日まで
一般会員 15,000 円/一般非会員 20,000 円/学生 3,000 円

12月1日より
一般会員 18,000 円/一般非会員 23,000 円/学生 3,000 円

 

■ITS Japan会員と本シンポジウム協賛学会会員の方は会員としてお申込みください。