プログラム

開催概要 プログラム 松山会場 オンライン会場
対話セッション 参加登録 大会委員会  
12月10日(木)

12月11日(金)

基調講演
坂の上の雲』のまち松山のまちづくりの歩み

企画セッション2
5G通信技術が実現するモビリティの技術革新
企画セッション1
複合型災害時における避難のあり方とITSの役割
企画セッション3
中山間地域とITS
対話セッション1-A
 ITS評価分析
対話セッション1-B
公共交通
対話セッション3-A
観測技術
対話セッション3-B
自動運転
対話セッション2-A
新システム
対話セッション2-B
交通安全

対話セッション4-A
人間特性
対話セッション4-B
画像処理

開会式

12月10日(木) 10:00-10:15

実行委員長挨拶    大橋 裕一        愛媛大学 学長
主催者挨拶          佐々木 眞一     特定非営利活動法人ITS Japan 会長

基調講演 『坂の上の雲』のまち松山のまちづくりの歩み

12月10日(木) 10:15-11:00

県庁所在地の都市のほとんどは近世において城下町として発展してきた都市といわれているように、松山市も同様に初代城主加藤嘉明によって建設された城郭と城下町が基盤となっている。城を取り囲むように形成している市街地の東北4㎞の位置には、3千年の歴史を持つといわれる名湯道後温泉があり、連立式平山城として名高い松山城と共に日本有数の観光都市として発展してきた。その松山城や濠を望みながら中心市街地を周遊するように路面電車が走り、近隣の都市と連絡する5つの街道が放射状に延び、その中心部は戦災復興土地区画整理事業により碁盤の目に道路網が整備され、これらが都市の骨格を形成している。また、近代俳句の創始者正岡子規の故郷であり、文豪夏目漱石が英語教師として赴任した街であることから、明治文学を語るに相応しい街としても知られている。本講演は、その歴史的変遷を概観しつつ、近年の『坂の上の雲』のまちづくりの取り組みについても紹介する。

キーノートスピーカ
松本 啓治     坂の上の雲ミュージアム 総館長
                  愛媛大学社会連携推進機構アーバンデザイン研究部門 客員教授

講演者プロフィール
1949年(昭和24年)生まれ。愛媛県西予市出身。昭和47年愛媛大学卒業後松山市役所に土木技術職員として入庁。道路、河川、公園、下水道、都市計画等の土木技術課を経て、平成15年度から坂の上の雲まちづくりに関わる。以来、「『坂の上の雲』のまちづくり」の責任者としてロープウェー通りの整備、駅舎の改築、坂の上の雲ミュージアムの新築、道後温泉本館周辺景観整備等に関わり、それらは都市景観大賞最高位の「国土交通大臣賞」を受賞するなど、高い評価を得ている。その後、愛媛大学社会連携推進機構アーバンデザイン研究部門教授を経て、平成29年より現職。その他にも、道後温泉審議会委員や松山広域都市計画事業松山駅周辺土地区画整理審議会委員なども務めている。

企画セッション

12月10日(木)  15:00-16:30
企画セッション1   複合型災害時における避難のあり方とITSの役割

わが国においては南海トラフ地震をはじめとする様々な災害発生のリスクが高まり、これまでに様々な分野において連携が進み、避難のあり方やその対策について検討がなされてきた。一方、新型コロナウィルスの感染が世界各地で拡大し、わが国においても新たな生活様式が実践される等、多くの人が様々な面で変化が求められており、災害への対応についても新型コロナウィルスの感染拡大を抑止しながら災害から人の命と財産を守るための新たなリスクマネジメント方策の検討が求められている。本セッションでは、自然災害と新型コロナウイルスの複合型災害時における避難のあり方とその被害を軽減するためのITSのあり方について、災害対応を想定したデータプラットフォーム・データ解析技術の開発、ITを活用したリスクコミュニケーションの高度化の観点から議論する。

モデレータ
藤原 章正      広島大学大学院 先進理工系科学研究科 教授

パネリスト
福田 大輔      東京大学大学院 工学系研究科社会基盤学専攻 教授
大島 正美      一般社団法人データクレイドル 理事
後藤 由成      NEXCO西日本 四国支社 保全サービス事業部長
野本 粋浩      国土交通省 四国地方整備局 統括防災官

12月11日(金)  9:30-11:00
企画セッション2   5G通信技術が実現するモビリティの技術革新

2020年にサービス提供が開始された第5世代移動通信システム「5G」。「高速・大容量」、「低遅延」、そして「多数同時接続」通信が可能になることから、エンターテイメントや医療・介護、教育、観光など多様な分野で新たな技術とサービスの登場が期待されている。モビリティ分野においても、自動運転や遠隔運転の核となる車車間通信や路車間通信による交通状況の即時把握が期待できることから、5Gの提供を見越した技術開発がかねてより進められており、実証実験によってそのサービスの一端が明らかになりつつある。更には、5Gの登場は様々なモノとモノの接続、すなわちIoTの普及を加速させ、我々の社会生活に大きな変革をもたらすことが予想される。本セッションでは、自動・遠隔運転、通信の各分野からパネリストを招き、5G通信技術によって実現する新技術やサービス事例の紹介を通じて、未来のモビリティや社会生活の変革について議論する。

モデレータ
都築 伸二       愛媛大学 工学部電気電子工学科 教授

パネリスト
吉野 仁          ソフトバンク株式会社 技術統括 先端技術開発本部 先端コネクテッド推進部 担当部長
武藤 祐治       大分県 商工観光労働部 情報政策課 地域情報化推進班・主幹
大谷 朋広       株式会社KDDI総合研究所 執行役員
上田 哲郎       日産自動車株式会社
深井 秀一       株式会社NTTドコモ 法人ビジネス本部 5G・IoTビジネス部
                    モビリティビジネス推進室 室長

12月11日(金)  15:00-16:30
企画セッション3    中山間地域とITS

我が国の中山間地域においては、生活の足を確保する手段として、デマンド・レスポンス型交通サービスの導入や空白地有償運送制度の活用など、様々な取り組みがなされてきた。また、近年では、道の駅等を拠点とした自動運転システムやライドシェアサービスの実証実験なども全国各地で実施されつつある。本セッションでは、地形や気候,需要量やその密度等の条件において、交通サービスの展開が厳しい中山間地域に焦点をあて、これまでの取り組みや先進的な事例に関する情報を共有すると共に、ウィズ・コロナ、ひいてはアフター・コロナ時代においても持続可能な交通サービスをめぐる技術的・制度的課題やその処方について議論する。

モデレータ
 森川 高行      名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ社会研究所・教授
                    名古屋大学COI・研究リーダー

パネリスト
牧村 和彦       一般財団法人 計量計画研究所 理事/研究本部企画戦略部長
鈴木 大健       国土交通省 四国地方整備局 道路部 道路計画課・課長
近藤 洋祐       株式会社電脳交通 代表取締役社長/徳島大学客員教授

対話セッション

4つの時間帯に8つのセッションが予定されています。発表論文は各セッションをクリックしてご覧ください。

12月10日(木) 11:30-12:30

12月10日(木) 13:30-14:30

12月11日(金) 11:30-12:30

12月11日(金) 13:30-14:30

バンケット

依然としてコロナ禍の状況にあるため本年は実施いたしません。