第18回ITSシンポジウム2020

開催概要 プログラム 松山会場 オンライン会場
対話セッション 参加登録 大会委員会  

第18回ITSシンポジウム2020は、遠隔地からの参加も可としながら、全プログラムを松山会場で行う予定です。来場される方もリモートで参加される方も、すべての参加者が議論に参加し情報をご共有いただくために、Zoomを使用したオンライン形式で実施いたします。


テーマ: 新たな価値を創造するITS ~安全,安心,豊かな地域社会の実現に向けて~

  2020年,5Gのサービス提供が開始された.また,世界を震撼させている新型コロナウィルスの影響もあり,対面からSNSへと,人々によるコミュニケーション手段が,そのシフトを加速していくものと想定される.さらに,人口減少化社会および超高齢化社会の到来と過疎化の進行も相まって,人そのものの移動手段への対応は,今後ますます重要になっていくと考えられる.

  一方で,モノの移動に関しては,例えば買い物交通が物流へとシフトすることが想定され,これまでと同等かそれ以上のトラフィックを発生させる可能性が高い.このような趨勢の中,人に関しては量よりも質を重視する安全・快適な交通システム,モノに関してはラストワンマイルの効率的輸送を実現する物流システムの構築が重要な課題となる.これらの課題解決に貢献するITS技術開発に向けられた期待は大きいといえよう.

  具体的には,車両制御技術,通信技術,AI技術などを活用した自動運転技術導入による安全性向上,モニタリング技術,通信技術,交通管制技術などの活用による災害時・緊急時のモビリティ確保(安心の獲得),さらには,これらの技術やMaaS,IoTを活用した効率的な交通システムを構築することによって,持続可能な開発目標(SDGs)を達成する豊かな地域社会の実現に貢献することが期待されている.

概要

【会期】                      2020年12月10日(木) ~11日(金)
【会場】                      松山市総合コミュニティセンター

【主催】                      特定非営利活動法人 ITS Japan
【共催】                      愛媛大学                       

【協賛】                      公益社団法人 計測自動制御学会
                                  一般社団法人 交通工学研究会
                                  公益社団法人 自動車技術会
                                  一般社団法人 情報処理学会
                                  一般社団法人 人工知能学会
                                  一般社団法人 電気学会
                                  一般社団法人 電子情報通信学会       
                                  公益社団法人 土木学会
                                  一般社団法人 日本機械学会
                                  日本交通心理学会
                                  一般社団法人 日本ロボット学会
                                  自動車技術会ITS部門委員会
                                  情報処理学会高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)研究会
                                  情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会
                                 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会
                                  電気学会ITS技術委員会
                                  電子情報通信学会高度交通システム研究会

【実行委員長】             大橋 裕一   愛媛大学 学長
【プログラム委員長】    吉井 稔雄   愛媛大学大学院 理工学研究科生産環境工学専攻 教授

お問い合わせ

特定非営利活動法人 ITS Japan
お問合せ:its-symposium(at)its-jp.org
※ (at) は@ に置き換えて下さい