協調型ITS委員会

山本委員長(トヨタ)

目的

安全・環境を中心とした社会課題の解決および利便性の向上の実現を目指し、車と周囲環境との協調に
よるシステムの実用化およびその普及促進を加速する。既にITS Green Safetyで示されたサービスの普及促進に加え、人・自転車・二輪車等の移動体との協調、操作介入および管制との連携、クラウド等の新たな技術環境の変化等をスコープに入れ、より進化した協調システムの可能性を検討する。

活動概要(中計期間)

  • 既存協調システムのサービス内容充実と普及促進に向けた検討
  • ETC2.0民間活用の実現に向けた検討
  • 安全・環境・利便を含めた社会課題解決に貢献するより進化した協調システムの検討

想定アウトプット(出口戦略)

  • 協調型ITS普及による効果予測
  • 協調型ITS技術・サービスに関わる国際会議発表
  • 提言ETC2.0民間サービスガイドライン
  • 新規民間活用サービス ビジネスモデル案、要望書
  • 中長期ITSロードマップ案、提言

図_協調型ITS委員会2016

関連資料

ETC多目的利用に関する資料