第26回ITS世界会議シンガポール2019


シンガポールでは、これまでに電子道路課金徴収システム・高速道路監視システム・青信号連動システムや道路状況提供システムなど ITS を取り入れた先進的な都市交通を実現しています。また2014年には乗用車依存から公共交通へのシフト を狙う国家戦略「Smart Mobility 2030」を策定し、都市国家のモビリティーを再構築し、企業誘致・観光振興に資するため、最先端のITS 技術の導入や世界中の研究機関との連携を推進しています。産官学が総力を挙げてITSを活用した都市国家づくりに邁進するシンガポールでのITS世界会議開催に向け、皆様のご意見をお待ちしております。

Preliminary Programはこちらからダウンロードください。

開催概要 (2019年8月22日 更新)

【会議テーマ】:”Smart Mobility, Empowering Cities
【会期】    :2019年10月21日(月)-25日(金)  
【公式ホームページ】:http://itsworldcongress2019.com/ 
【会場】   :Suntec Singapore Convention and Exhibition Centre
【主催】    :Land Transport Authority, ITS Singapore

参加目標値:
   総参加者10000人以上
   出展団体:300団体以上

開会式

日時:10月21日16:00-17:00

プログラムテーマ

Intelligent, Connected & Automated Vehicles
Crowdsourcing & BigData Analytics
Sustainable Smart Cities
Multimodal Transport of People & Goods
Safety for Drivers & Vulnerable Users
Policies, Standards & Harmonization
Innovative Pricing & Travel Demand Management
Cybersecurity & Data Privacy

    

セッションフォーマット

プレナリセッション (3コマ)
エグゼクティブセッション(12コマ)
アジアパシフィックストリームセッション(10コマ)

スペシャルインタレストセッション(66コマ)
テクニカル/サイエンティフィックセッション
インタラクティブセッション
コマーシャルペーパーセッション

セッションプログラム

プレナリセッション (3コマ)

PL1: Advancing Connected & Automated Mobility Deployment
  日時:10月22日11:00-12:30 
  キーノート:シンガポール経済開発庁長官Dr Beh Swan Gin
  登壇者:
  AP  韓国交通研究院(KOTI)院長 Dr. Jaehak Oh
  米国:ロサンゼルス市交通局ジェネラルマネージャー Seleta Reynolds
  欧州:チェコ共和国 European GNSS Agency (GSA) Carlo des Dorides

PL2: Promoting innovative mobility services
  日時:10月23日11:00-12:30                                           
  キーノート:シンガポールGovTech Chief Executive Officer Kok Ping Soon
  登壇者:
  AP  Chinese-Taipei 交通部科学技術部門アドバイザリー 事務局長 Dr. Mu-Han WANG
  米国:ワシントン州運輸局 局長Mr. Roger Millar 
  欧州:欧州委員会DG MOVE 局長 Enrik Hololei

PL3: Intelligent mobility solutions for a sustainable smart city
  日時:10月25日13:30-15:00 
  キーノート:シンガポールLTA(陸上交通庁) Deputy Chief Executive Officer Chua Chong Kheng
  登壇者:
  AP  豪州クイーンズランド州運輸道路省チーフエンジニア Mr. Dennis Walsh
  米国:AECOM Design and Consulting Services部門社長 Mr. Steve Morris
  欧州:HEREインダストリーソリューション担当シニアディレクタ Leen Balcaen

エグゼクティブセッション(12コマ)
世界の産官学の上級幹部クラスのITS関係者にITS普及への知見や課題を共有します。
  ES01 Technology and Safety Issues for Connected and Automated Driving
    杉 俊弘  警察庁交通局交通企画課自動運転企画室長
  ES02 Autonomous Vehicles Testing – How Do We Address Legislation Discrepancies?
  ES03 Autonomous Vehicles in Public Transportation – Separating Hype from Reality
    安部 勝也        国土交通省道路局 道路交通管理課ITS推進室長
  ES04 Freight Ports And Crossings
  ES05 Transforming MaaS from Imagination to Reality
  ES06 Managing urban space
  ES07 Moments of Truth in MaaS Implementation
  ES08 Today’s Mobility: Accessibility, Inclusivity and Safety
  ES09 Is Proliferation of new technologies creating a level playing field?
  ES10 Driving ITS through the Power of Data
  ES11 Freight Movement for Smart Cities
  ES12 Demand Management Strategies and Practical Considerations

 

アジアパシフィックストリームセッション(10コマ)
AP地域でのトピックや課題を取り上げます。
  AP01 Asia Pacific High Level Forum on New Transportation Infrastrucutre                    
  登壇者:
  Young Tae Kim          International Transport Forum
  Bambang Susatono   アジア開発銀行  
  調整中        世界銀行 
  調整中                      UN ESCAP

  AP04 The role of government for deploying connected and automated vehicle
  モデレータ 天野 肇   ITS Japan 専務理事
  登壇者:
  原田 洋平              内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 参事官補佐
  古賀 康之               内閣府 科学技術/イノベーション担当 企画官 
  杉 俊弘                  警察庁 交通局交通企画課 自動運転企画室長
  五十嵐 大和            総務省 総合通信基盤局 電波部移動通信課 
                                                                      新世代移動通信システム推進室長 
  植木 健司               経済産業省 製造産業局 自動車課 ITS・自動走行推進室長
  安部 勝也             国土交通省 道路局 道路交通管理課
                                                               高度道路交通システム(ITS)推進室長
  平澤 崇裕               国土交通省 自動車局 技術政策課 自動運転戦略官 併任
                                                                                           自動運転戦略室長

日本からの企画者によるAPセッション:
AP02 Advanced technologies for operation and maintenance of ITS facilities
                                                                      ネクスコ西日本ファシリティーズ
AP03 Traffic States and Environment Sensing by various manners              東芝
AP06 Autonomous Driving Intelligence System and
              Future Challenges of ADAS in Urban Environments             東京農工大

日本からの企画者によるスペシャルインタレストセッション:
SIS02 Radio communication to realize connected vehicles                     総務省
SIS14 Road infrastructure concerning ADS                                     国土交通省
SIS19 Criminal liability scheme for AV accident                        ITS Japan
SIS32 Strategy of Practical Implement of V-I Cooperative Systems
                                                        for Traffic Accident Avoidance      警察庁
SIS34 Impact Assessment of Automated Vehicles on
                                                       Traffic flow and Environment     東京大学

テクニカル/サイエンティフィックセッション
インタラクティブセッション
コマーシャルペーパーセッション

展示会

期間:10月21日 17:30-20:30
   10月22日 8:30-19:00
   10月23日 8:30-18:00
   10月24日 8:30-19:00
   10月25日 8:00-14:00

お問合せ先:
ITS Japan国際グループ intl@its-jp.org 03-5777-1013

デモンストレーション

フローティングプラットフォームを中心に、公道やクローズされた
場所でITS技術のデモを行います。

予約はコングレスアプリ(近々リリース予定)または会場内デスクで承ります。

  1. Moovita Pte Ltd. 
    2. ComfortDelgo & Easymile
    3. ST Engineering Land Systems & NAVYA
    4. nuTonomy/APTIV
    5. 南洋工科大学
    6. AMIxBaidu
        Volocoptersなど

テクニカルツアー

LTA ITSセンター・モビリティギャラリー
PREDICTIVE MAINTENANCE FOR NORTH EAST LINE (NEL) MRT
ComfortDelgro-タクシー配車センター
南洋理工大自動運転試験施設:CETRAN
タワートランジットシンガポール(バス)
PSA Singapore 港湾運営施設
港湾ギャラリー
CREATE – Research into Future Mobility Solutions
NCS CENTRE OF DIGITAL EXCELLENCE (CODE-X)
都市再開発庁
バストレーニング評価センター
INNOSUITE 訪問 (ST Engineering)
IBM スタジオ SINGAPORE – INNOVATION WITH THE IBM WAY!(IBM)
マレーシアITS視察ツアー(ポストツアー)

ユースプログラム

Youth Leadership Development Programme
ITSアジアパシフィックを中心に各国から2名ずつ選出された学生が、8日間を共に過ごしアイディアソンやワークショップなどのチーム作業やビジネスリーダーたちとの交流を通して成果をセッションで発表します。

ソーシャルイベント

Exhibition Welcome Reception:10月21日17:30-20:30
Gala Dinner: 10月23日 Garden by the Bay (SGD250)

セッションの概要

会員の方は、会員限定ページでご覧になることができます。
非会員の方のご購入:2,000円(前払い、送料別途実費)

 ※会員向けに公開しているPDFの簡易出力版です。

 

 

 

会議登録など

早期割引料金での登録締切り日は8月19日です。各参加費は公式ホームページをご覧ください。

今後の予定

2019年10月1日 : 発表資料オンラインアップロード締切り

皆様のご参加をお待ちしております。