第24回ITS世界会議モントリオール2017

 

開催国カナダにとって2017年は建国から150年、万国博覧会開催から50年、モントリオール市として375年目の記念の年となりました。以下に概要を報告いたします。
   (PDF版Event Programはこちらからダウンロードできます。)

開催概要 (2017年11月26日 更新)

【会議テーマ】”Next Generation Integrated Mobility Driving Smart Cities”
                        「スマートシティを加速する統合モビリティ」
【会期】    2017年10月29日(日)-11月2日(木)
【公式ウェブサイト】http://itsworldcongress2017.org/
【会場】      Le Palais des congres de Montreal
【主催】      ITS America / ITS Canada
【組織委員長】 Claude Carette モントリオール市 インフラ道路交通担当ディレクター

開催実績

★参加規模の速報値は以下の通りです★

  会議参加者数 約8,000人
  会議登録者数 約6,000人
  出展団体数  約300
      参加国数   65

特徴

Smart Cities Pavilion:
 
世界の主要都市が交通における”スマートシティ”にむけた取組が発表されました。

コングレストピックス

以下のテーマでセッションが企画されました。

  Connectivity and Autonomy
  Infrastructure Challenges and Opportunities
  Integrated Approach: Planning, Operations and Safety
  Smart(er) Cities
  Data, Security and Privacy
  Innovation, What’s Next ? The New Ideas
  Disruption and New Business Models

High Level Policy Roundtable (カナダ運輸省およびITS Canada共催)

以下のテーマでセッションが企画されました。<非公開>

10月31日 14:00-16:00
テーマ:”Digital Innovation and Integration for 21st Century Transport and Mobility”
モデレータ:カナダ運輸大臣 Marc Garneau
参加者:カナダ・アメリカ・マレーシア・デンマーク・豪州・欧州委員会・日本など 25人。
日本からは 警察庁 長谷川 豊 長官官房審議官が出席しました。

開会式

10月30日9:00-10:00

ITS America暫定CEOのDavid St. Amantの進行で執り行われたでは開会式では、組織委員長のClaude Caretteによる開会宣言に続き、ITS America会長Chris Murrayによって元コロラド州DOT エグゼクティブディレクターShailen BhattがITS America新CEOとして紹介されました。引き続きITS Canada、モントリオール市、米国・カナダ/欧州/アジア太平洋(AP)からの代表が歓迎のあいさつを行いました。APを代表して警察庁の長谷川 豊 長官官房審議官よりご挨拶いただきました。最後はHall of Fame(功労者表彰)授与式で開会式をしめくくりました。

    エンターテイメント           David St. Amant         Claud Carette           Chris Murray
                                   ITS America暫定CEO             組織委員長               ITS America会長

   Shailen Bhatt  Chris Philp         Aref Salem          Grover Burthey           Andre Fortin
     ITS America  ITS Canada 会長       モントリオール市              米国運輸省            ケベック州運輸大臣
        新CEO                                     交通委員会               副次官補                 (ビデオ)

      Del Duca                  Cees de Wijs                 長谷川 豊                               聴衆
オンタリオ州運輸大臣 ERTICO-ITS Europe  警察庁長官官房審議官
   (ビデオ) 

プレナリセッション

PL1: Integrated Mobility with Urban Cities
日時:10月30日10:00-11:00

キーノート:米国NTSB(国家運輸安全委員会)ボードメンバー兼前委員長Christopher A . Hart
自動運転はその恩恵を受けることと引き換えに、これまで想定していなかった倫理的な問題を抱えることへの警鐘を鳴らす基調講演に引き続き、今回の目玉であった「Smart Cities Pavilion」に出展参加した自治体の代表を招きパネルディスカッションが行われました。

パネルディスカッション

(写真左から)
モデレータ:テキサスA&M大学副学長 / RELLIS Campus エグゼクティブディレクター/
                                 インフラ再生センターエグゼクティブディレクター John Barton
パネリスト:
   ニュージーランド クライストチャーチ市長 Lianne Dalziel
 カナダ モントリオール市運輸実行委員会メンバー Aref Salem
 シンガポール LTA グループディレクター Lam Wee Shann
 デンマーク コペンハーゲン市技術環境行政局エグゼクティブディレクターMichel Schilling 

PL2: The Evolution of Transportation within Our Society
日時:10月31日11:15-12:15
キーノート兼モデレータ:カナダ 運輸大臣 Marc Garneau
カナダ運輸大臣Marc Garneau氏が基調講演に続きモデレータとなり、各極の民間企業の代表を中心に構成されたPL2をまとめた。

 

パネルディスカッション

(写真左から)
モデレータ:カナダ 運輸大臣 Marc Garneau
パネリスト:
 オランダ Dynniq CEO 兼 ERTICO会長 Cees de Wijs
 カナダ GM Canada CEO Stephen Carlisle  
 英国 Serco Group CEO Rupert Soames
   豪州 Cohda Wireless CEO Paul Gray  
   米国 ミシガン州知事 Rick Snyder
  

PL3: Conducting Business within Our Transportation Industry
日時:11月2日15:00-16:00

スピーカ: カナダ オンタリオ州 経済開発省 次官 最高投資責任者 Giles Gherson

パネルディスカッション

(写真左から)
モデレータ:米国 ミシガン州運輸省ディレクターKirk Steudle
パネリスト:
   フィンランド HERE 欧州エリアソリューションディレクタ Mika Rytkonen
   ニュージーランド クライストチャーチ国際空港 CEO Malcolm Johns
   米国 Kapsch TraffiCom北米地域 CEO Chris Murray

PP01: AASHTO State DOT CEO Panel 
日時:11月1日8:30-9:30 
主催: AASHTO (HNTBスポンサーセッション)


モデレータ:Ananth Prasad, HNTB
                  Bud Wright, AASHTO                  
パネリスト:メイン州運輸省 David Bernhardt
      コロラド州運輸省 Shailen Bhatt
      ペンシルバニア州運輸省 Leslie Richards
      デラウェア州運輸省 Jennifer Cohan
      アイダホ州運輸省 Brian Ness
      オクラホマ州運輸省 Mike Patterson
      オハイオ州運輸省 James Barna
      カリフォルニア州運輸省 Coco Briseno
      ミネソタ州運輸省 Sue Mulvihill
      ワシントン州運輸省 Roger Millar

PP02: The Impacts of ITS Technologies on Society
Policy Plenary with Governor Rick Snyder and State Transportation Leaders

日時:11月1日9:30-10:30 

キーノートスピーカ:Rick Snyder ミシガン州知事
  

モデレータ:Kirk Steudle ミシガン州運輸省

パネルディスカッション

パネリスト:ミシガン州知事 Rick Snyder
      テネシー州運輸省 John Schroer
      ユタ州運輸省 Carlos Braceras
      メリーランド州運輸省 Peter Rahn
      ワイオミング州運輸省 Bill Panos

セッションプログラム

エグゼクティブセッション(12コマ)
テーマに基づいて招聘された欧米AP3地域を代表するITS産官学の専門家が集い、ITS普及における課題や政策について講演しました。日本からの登壇者は以下の通りです:  

ES01 Breaking Silos to Pave the Way to Automated Vehicles
  垣見 直彦 経済産業省製造産業局 自動車課 電池・次世代技術・ITS推進室長
ES02 Securing Critical ITS Infrastructure in a Connected World
ES03 ITS Delivering Liveability  
ES04 Freight Technology: How do we Ensure Public Safety
ES05 Practical Aspects of Deploying Connected and Automated Vehicles 
  佐橋 真人  国土交通省自動車局 技術政策課 国際業務室長
 (佐藤健二 JASICワシントン事務所長 – 代理登壇)
ES06 Smart Connected Cities Promote Smart Mobility
ES07 ITS Deployment Policies
  八山 幸司 内閣官房 情報通信技術総合戦略室 参事官
  矢野 厚 住友電気工業株式会社(モデレータ)
ES08 Mobility as a Service
ES09 Better Traveler Information Technology and Institutional Issues for Automated Driving
  佐野 裕子 警察庁長官官房 参事官
  大口 敬 東京大学 教授(モデレータ)
ES10 Resilient, safe and smart infrastructure 
  西尾 崇  国土交通省道路局 道路交通管理課ITS推進室長
ES11 Communication options for Connected, Cooperative and Automated Transport
  中里 学  総務省総合通信基盤局電波部移動通信課新世代移動通信システム推進室長
ES12 New Business Models


 垣見室長  佐藤事務所長  八山参事官   佐野参事官     西尾室長     中里室長


スペシャルインタレストセッション(121コマ)
各地域の専門家が企画し、研究・実用段階のITSに対する個別のテーマについて深く掘り下げ、最新の技術や施策を議論します。従来の欧/米/APの3分類に加えてカナダ・プロジェクト・国際連携・IBECもSISで取り上げます。日本からは以下のセッションが承認されています(カッコ内は企画者):

SIS07 Implementation of C-ITS in Preparation for
                                                 Automated Driving and Smart Cities(国交省)
SIS17 Towards Improving Quality of Mobility (QoM) from the Smart City’s Perspective    
                                                                                               (ITS Japan)
SIS39 Transport Management on the Road Network of Megacities   (東京大学)
SIS46 Traffic Sensing by Various Manners    (東芝)
SIS82 Strategy of Practical Implement of V-I Cooperative Systems for
                                                             Traffic Accident Avoidance (警察庁)
SIS83 Disruptive Mobility Services Utilizing IoT Big
                                          Data for Smart Cities  (インターネットITS協議会)
SIS87 Radiocommunication Technologies for Cooperative
                                                             ITS and Automated Driving(総務省)
SIS92 Next Traffic Management with Fusion of Public and
                                                  Private Open Data   (住友電気工業株式会社)
SIS94 The Key to Spread of Image-Recording Type
                                          Driving Event Video Recorder(UKコンサルタント)
SIS102 Advanced Technologies in Operation and
                         Maintenance of ITS Facilities(NEXCO西日本ファシリティーズ)
SIS108 Impact of Automated Vehicles on
                                                      Traffic flow and Environment (東京大学)


テクニカル・サイエンティフィックセッション(113コマ)

以下の方々が今年のベストペーパーに選ばれました。

Scientific論文
AP-SP0858
Prediction of Potential Human Intention Using Supervised Competitive Learning
Masayoshi Ishikawa, Mariko Okude,Takehisa Nishida and Kazuo Muto,Hitachi, Ltd.(日立製作所)
(学術的価値が高く、成果が極めて明確に主張されている)

EU-SP0784
Modelling and Planning Charging Infrastructure for Electrically Driven Buses
Hubert Buechter, Fraunhofer-Institute for Material Flow and Logistics, Germany

AM-SP1337
Synthetic Time Series Technique for Predicting Network-wide Road Traffic
Kartik Kaushik, Cinzia Cirillo, Partha Lahiri and Ying Han, University of Maryland, United States

Technical論文
AP-TP0846
Learnings Arising from the Fusion of Traffic Data from Multiple Sources
David Johnston, Intelligent Transport Services, Australia
(多様な交通データの特性について実用的な意義が整理されており有用な発表)

EU-TP0794
Sharing and Cataloguing Field Operational Test Datasets
Sami Koskinen, VTT the Technical Research Centre of Finland, Finland

EU-TP1053
Multi-Modal Activity-Based Models to Support Flexible Demand Mobility Services
Patrizia Franco, UK Transport Systems Catapult, UK

AM-TP1094
An Enrollment and Registration Service for Secure V2X in ITS
Pino Porciello and Brian Romansky, TrustPoint Innovation Technologies Ltd., Canada
David Michelson, University of British Columbia, Canada
Tony Qiu, University of Alberta, Canada

 
  プログラム委員長のSteven Dellenback(左端)と受賞者の方がた

 

展示会

開場時間:
     10月30日11:00-18:30  Exhibitor Exclusive* 11:00-12:00
      イベント主催者による全体のテープカットセレモニー  11:00
      日本の出展者によるテープカットセレモニー 11:30- (Japan Pavilion)
     10月31日  9:00-18:30  Exhibitor Exclusive* 12:15-13:15
     11月  1日  9:00-18:00  Exhibitor Exclusive* 12:15-13:15
     11月  2日10:00-15:00  Exhibitor Exclusive* 13:30-15:00
     *展示会独占時間
展示スペース:59,200 sqft

・ 展示会場レイアウト図はこちらからご覧になれます。

【日本単独出展団体】
 トヨタ自動車 15小間、デンソー 12小間、アイシングループ 8小間、パナソニック 8小間、
 ホンダ 8小間、フォーラムエイト 4小間、PTV Japan 8小間
【Japan Pavilion】(25小間)
   ①内閣府 ②総務省 ③経産省 ④国交省 ⑤VICSセンター ⑥UTMS協会 ⑦三菱電機 ⑧富士通、
 ⑨JTEKT ⑩住友電工 ⑪東芝 ⑫日本電気 ⑬三菱重工機械システム ⑭ゼンリン ⑮NTTデータ、
 ⑯KDDI ⑰愛知製鋼 ⑱ダイナミックマップ基盤 ⑲ミックウェア ⑳ITS情報通信システム会議、
 ㉑日立ソリューションズ ㉒ITS Japan

 

      トヨタ            デンソー                 アイシングループ

      ホンダ           パナソニック          フォーラム8

 
  PTVグループジャパン

スマートシティパビリオン

開場時間:10月30日: 11:30 – 17:00
             10月31日: 10:30 – 17:00
             11月1日: 11:30 – 17:00
             11月2日: 11:00 – 15:00

展示会場に隣接して、米国運輸省が推進するSmart City Challengeに選定されたオハイオ州コロンバス市をはじめ、世界からスマートシティ実現に取り組む5都市が出展しました。

参加自治体:
(米)オハイオ州コロンバス、モントリオール
(欧)コペンハーゲン
(AP)シンガポール、クライストチャーチ

  
   パビリオン入口         コロンバス          モントリオール

 
   コペンハーゲン        シンガポール         クライストチャーチ

またエリア内に設けられたEducation Stageでは多くのプログラムが開催されました。

キーノート:10月31日11:30-11:55 Microsoft CityNext: Empowering Cities & Citizens
Speaker: Omar Rashid, Microsoft Government Solutions Manager – Americas

パネル:
10月30日13:30-14:20 Can Cities Still Be Smart Cities in Inclement Weather?
Moderator: Sue Mulvihill, Deputy Commissioner and Chief Engineer, MnDOT

10月30日16:00-16:50 How Can Cities Reconfigure Their Road Infrastructure for the Future Car…or How Can We Integrate Electric, Automated Cars into Our City Spaces?
Moderator: Monali Shah, Director of Transportation and Cities, HERE Technologies

10月31日11:30:12:20 Role of ITS in Christchurch, New Zealand: Post Earthquake
Moderator: Dean Zabrieszach, CEO/Director – HMI Technologies Pty Ltd, Australia

10月31日13:30-14:20 Weaving CAVs into the Smart City
Moderator: Steve Dellenback, Vice President R&D, Southwest Research Institute

10月31日15:00-15:50 What’s Driving Smart Communities?
Moderator: John Lower, Iteris

10月31日16:000-16:50 The Data Ecosystem and the Interaction Between OEMs to State and City DOTs: Who Owns What?
Moderator: Alfredo Escriba, Executive Vice President – Urban Traffic & Mobility Solutions Center, Kapsch TrafficCom

11月1日11:30-12:20 Integrated Mobility in Montréal

11月1日15:00-15:50 Can’t We All Just Get Along? Tech and Policy Approaches for Data Sharing in a Smart City EcoSystem
Moderator: Omar Rashid, Microsoft Government Solutions Manager – Americas

11月2日13:00-13:50 Moving to the Security Mindset – Rethinking Security in the World of Connectivity
Moderator: Will Overstreet, Director of Product Management, GRIDSMART Technologies

テクニカルツアー

以下の視察ツアーが実施されました。

1-ケベック州モントリオール市大都市圏交通管制センター
2-モントリオールアーバンモビリティ管理センター
3-STM iバスオペレーションセンター
4-STM メトロ管制センターと運営システム
5-コミューターレイルオペレーション管理センター
6-ラバル市交通局バス優先対策
7-PMG 自動車試験研究センター
8-シャンプラン橋プロジェクト視察
9-Turcotインターチェンジプロジェクト視察
10-モントリオール港-港湾トラック管理イニシアティブ
11-モントリオール港-電子航法イニシアティブ
12-Bixiバイクシェアオペレーションセンター
13-Autoroute25 ETCシステム視察

テクニカルデモンストレーション

以下のデモが企画されました。

・ ACTIVE-AURORA: The First Connected Vehicle Test Bed Network in Canada 
・ アイシングループ: Automated Valet Parking 
・ Alcatel-Lucent Enterprise: Communications Infrastructure for Internet of Things (IoT)-enabled ITS 
・ AUG Signals: Real-Time Roadside Environment Monitoring for Smart Cities 
・ Commsignia: Safer on the Road with Connected and Collaborating Vehicles 
・ Connected Signals: Connected/Autonomous Vehicles and Traffic Lights 
・ EasyMile and Transdev: Autonomous Shuttle 
・ Eberle Design: DA-300 Data Aggregator 
・ Global Traffic: Priority Control Ride-Along with Opticom 
・ Ibeo: Real-Time Localization in GPS Denied Area 
・ Iteris: Observing Live Bicycle and Pedestrian Detection 
・ ITS Canada: Virtual Traffic Management Centre (VTMC) 
・ Keolis: Ride on Keolis’ Autonomous Navya Shuttle 
・ Lindsay: Moveable Barrier Demonstration 
・ Marben Products & FLIR ITS: Connected Vehicle Demonstration Using V2X
communication
・ NXP and Partners: Demonstration of Safe and Secure Mobility
・ Oakland County CV Task Force: DSRC and Controlled Spectrum Sharing 
・ Optech: Mobile Mapping System
・ Orange Traffic and Trustpoint (Escrypt): DSRC-Enabled LED Sign
・ Papier Parking Transit (PTP): Build Your Smart City by Smart Parking
・ Southwest Research Institute (SwRI): Utilizing Infrastructure Information to Enable Highly Automated Vehicles
・ Streetline: Parking Detection System
・ Transport System Catapult: Introducing Driverless Cars to the UK Road
・ Valeo: Xtravue

付帯イベント

ビジネスマッチングや次世代人材育成プログラムが開催されました。

Next Generation Workforce:10月30日9:00-16:00 世界の高校生のためのV2Xプログラム
Procurement Day:11月2日8:00-10:00 公共団体(全5団体)とサプライヤのプレゼン
B2B One on Ones:11月2日10:00-15:00 大企業(全16団体)と中小企業とのビジネスマッチング

ネットワーキング

展示開場レセプション:10月30日17:00-18:30
Smart Cities Reception:10月31日17:00-18:30
Gala: 10月31日19:00- (参加費用USD200)
State DOTレセプション: 11月1日17:00-18:30
Vendor Receptions: 11月1日19:00-

 
       Gala Dinner            APレセプション

 

Hall of Fame Awards (ITS功労賞)

個人・企業・地方行政単位でのITSの長年の取り組みが表彰されました。

Lifetime Achievement Awards:  Christer Karlsson     Datuk Ir. Hj Ismail bin Md Salleh     Michael Doyle
  ITS Sweden CEO        マレーシア高速道路局      Econolite Group 会長

Industry Award ERTICO Partnership Talking Traffic Touch’n Go(マレーシア)            Savari, Inc(米国)

Local Government Awards       フィンランド運輸通信省                       台北市(台湾)              コロラド州運輸省(米国)

コングレスアプリ

10月19日から配布が始まり多くの参加者よりご利用いただきました。

閉会式

11月2日16:00-17:00
会議期間中の様々な出来事を映像で振り返ったあと、組織委員長Claude Caretteが、本会議の成功に寄与した各方面の関係者に謝意を表しました。さらにモントリオール市のAref Salemによる謝意に続いて、David St. Amantの司会でニューカッスル大学のEric Sampson教授がチーフラポチャとして、テーマごとに主にセッションで議論された注目されるテーマを紹介し、規模は最大ではないものの非常に首尾良く仕上がったITS世界会議であったと成功を祝しました。
つづいて今回の国際プログラム委員長であったSouthwest Research InstituteのSteven Dellenbackにより、優秀論文賞の受賞者が発表され(写真はP8を参照)、2019年Singapore大会と2018年Copenhagen大会をそれぞれITS SingaporeプレジデントのAndrew ChowとCopenhagen市技術環境担当市長のMorten Kabellが紹介しました。

 

 

 
         Claude Carette                             Aref Salem                      David St Amant
    組織委員長       モントリオール市交通委員会     ITS America暫定CEO

  
          Eric Sampson                          Andrew Chow                      Morten Kabell
       Chief Rapporteur                        ITS Singapore                  モントリオール市長

最後にPassing the Globe Ceremony ではITS世界会議のシンボルの地球儀が2018年のコペンハーゲンに渡されモントリオール大会は閉会しました。

 
写真左から:
  モントリオール大会組織委員長  Claude Carette
  ITS America会長  Chris Murray
  ITS AP 事務局長  Hajime Amano
  ITS Singapore プレジデント  Andrew Chow (2019年大会代表)
  ERTICO – ITS Europe CEO Jacob Bangsgaard
  コペンハーゲン市 技術環境担当市長 Morten Kabell(2018年大会代表)

参加費用

注意:
・会議登録・Gala・テクニカルツアーの通貨はUSD。
・”Member”はITS Americaの会員資格、”Public Sector”は米国以外の行政組織・学校・大学も対象になります。
・カナダ入国には事前にeTA認証の申請が必要です。

参考

ITS Americaではモントリオール世界会議の日本語によるプロモーションページを制作しました。

参加ご検討の一助になれば幸いです。

詳しくはこちらをご覧ください。
   その①「スマートモビリティのすべて」
 その②「知る、繋がる」
 その③「前進するイノベーション」

ITS Japanの関連イベント

・ 2017年12月12日 世界会議報告会(於:東京)

皆様のご参加まことにありがとうございました。