第24回ITS世界会議モントリオール2017

ITS_Montreal2017_RGB_200HITS Americaではモントリオール世界会議の日本語によるプロモーションページを制作しました。
参加ご検討の一助になれば幸いです。

詳しくはこちらをご覧ください。
   その①「スマートモビリティのすべて」
 その②「知る、繋がる」
 その③「前進するイノベーション」

開催国カナダにとって2017年は建国から150年、万国博覧会開催から50年の記念の年となり、モントリオール市として375年目を迎えます。本世界会議をより有益なものにしていくため、皆様のご意見をお待ちしております。

Register and Save ITS17-0007_320x50_static

会議登録はこちら↑をクリックください。

Detailed Session Scheduleが発行されました。公式ホームページより閲覧ください。

開催概要 (2017年8月10日 更新)

【会議テーマ】”Next Generation Integrated Mobility Driving Smart Cities”
                        「スマートシティを加速する統合モビリティ」
【会期】    2017年10月29日(日)-11月2日(木)
【公式ウェブサイト】http://itsworldcongress2017.org/
【会場】      Le Palais des congres de Montreal
【主催】      ITS America / ITS Canada
【組織委員長】 Claude Carette モントリオール市 インフラ道路交通担当ディレクター

特徴

Smart Cities Pavilion:
 
世界の主要都市が交通における”スマートシティ”にむけた取組を発表します。

開会式

10月30日9:00-10:00

セッションプログラム

プレナリセッション


エグゼクティブセッション(12コマ)
テーマに基づいて招聘された欧米AP3地域を代表するITS産官学の専門家が集い、ITS普及における課題や政策について講演します。日本からの登壇者は以下の通りです:  

ES01 Breaking Silos to Pave the Way to Automated Vehicles
  垣見 直彦 経済産業省製造産業局 自動車課 電池・次世代技術・ITS推進室長
ES02 Securing Critical ITS Infrastructure in a Connected World
ES03 ITS Delivering Liveability  
ES04 Freight Technology: How do we Ensure Public Safety
ES05 Practical Aspects of Deploying Connected and Automated Vehicles 
  佐橋 真人  国土交通省自動車局 技術政策課 国際業務室長(予定)
ES06 Smart Connected Cities Promote Smart Mobility
ES07 ITS Deployment Policies
  八山 幸司 内閣官房 情報通信技術総合戦略室 参事官
  矢野 厚 住友電気工業株式会社(モデレータ)
ES08 Mobility as a Service
ES09 Better Traveler Information Technology and Institutional Issues for Automated Driving
  佐野 裕子 警察庁長官官房 参事官
  大口 敬 東京大学 教授(モデレータ)
ES10 Resilient, safe and smart infrastructure 
  西尾 崇  国土交通省道路局 道路交通管理課ITS推進室長
ES11 Communication options for Connected, Cooperative and Automated Transport
  中里 学  総務省総合通信基盤局電波部移動通信課新世代移動通信システム推進室長
ES12 New Business Models


スペシャルインタレストセッション(121コマ)
各地域の専門家が企画し、研究・実用段階のITSに対する個別のテーマについて深く掘り下げ、最新の技術や施策を議論します。従来の欧/米/APの3分類に加えてカナダ・プロジェクト・国際連携・IBECもSISで取り上げます。日本からは以下のセッションが承認されています(カッコ内は企画者):

SIS07 Implementation of C-ITS in Preparation for
                                                 Automated Driving and Smart Cities(国交省)
SIS17 Towards Improving Quality of Mobility (QoM) from the Smart City’s Perspective    
                                                                                               (ITS Japan)
SIS39 Transport Management on the Road Network of Megacities   (東京大学)
SIS46 Traffic Sensing by Various Manners    (東芝)
SIS82 Strategy of Practical Implement of V-I Cooperative Systems for
                                                             Traffic Accident Avoidance (警察庁)
SIS83 Disruptive Mobility Services Utilizing IoT Big
                                          Data for Smart Cities  (インターネットITS協議会)
SIS87 Radiocommunication Technologies for Cooperative
                                                             ITS and Automated Driving(総務省)
SIS92 Next Traffic Management with Fusion of Public and
                                                  Private Open Data   (住友電気工業株式会社)
SIS94 The Key to Spread of Image-Recording Type
                                          Driving Event Video Recorder(UKコンサルタント)
SIS102 Advanced Technologies in Operation and
                         Maintenance of ITS Facilities(NEXCO西日本ファシリティーズ)
SIS108 Impact of Automated Vehicles on
                                                      Traffic flow and Environment (東京大学)


テクニカル・サイエンティフィックセッション
インタラクティブセッション

一部のセッションは10月29日から実施されます。
セッション時間は90分です(一部短いセッションもございます)。

発表用PPTの推奨テンプレートはこちらよりダウンロードできます。

そのほかプログラムに関する問い合せ:intl@its-jp.org

展示会

開場時間: 
     10月30日11:00-18:30  Exhibitor Exclusive* 11:00-12:00
      日本の出展者によるテープカットセレモニー 11:30- (Japan Pavilion)
     10月31日  9:00-18:30  Exhibitor Exclusive* 12:15-13:15
     11月  1日  9:00-18:00  Exhibitor Exclusive* 12:15-13:15
     11月  2日10:00-15:00  Exhibitor Exclusive* 13:30-15:00
     *展示会独占時間

・ 展示会場レイアウト図はこちらからご覧になれます。

出展に関する問合せ:exhibition-montreal@its-jp.org

スマートシティパビリオン

展示会場に隣接して、米国運輸省が推進するSmart City Challengeの指定都市をはじめ、世界からスマートシティ実現に取り組む都市がプロジェクトに関する技術デモや知見を共有します。

参加予定自治体:
(米)オハイオ州コロンバス、モントリオール
(欧)コペンハーゲン
(AP)シンガポール、クライストチャーチ

またエリア内に設けられたEducation Stageでは、アメリカ自動車協会(AAA)、テキサス州DOTなどの関係機関や出展都市、スポンサーによるセッションプログラムが企画され、一般参加者でも聴講できます。

テクニカルツアー

公式ホームページで申し込み受付中です。

1-ケベック州モントリオール市大都市圏交通管制センター
2-モントリオールアーバンモビリティ管理センター
3-STM iバスオペレーションセンター
4-STM メトロ管制センターと運営システム
5-コミューターレイルオペレーション管理センター
6-ラバル市交通局バス優先対策
7-PMG 自動車試験研究センター
8-シャンプラン橋プロジェクト視察
9-Turcotインターチェンジプロジェクト視察
10-モントリオール港-港湾トラック管理イニシアティブ
11-モントリオール港-電子航法イニシアティブ
12-Bixiバイクシェアオペレーションセンター
13-Autoroute25 ETCシステム視察

テクニカルデモンストレーション

会場近辺の道路などを使って28種類のデモが検討されています。

デモ参加に関する詳細は公式ホームページをご覧ください。
問合せ先:Michael D Freitas <Michael.Freitas@atkinsglobal.com>

ネットワーキング

展示開場レセプション:10月30日17:00-18:30
Smart Cities Reception:10月31日17:00-18:30
Gala: 10月31日19:00- (参加費用USD200)
State DOTレセプション: 11月1日17:00-18:30
Vendor Receptions: 11月1日19:00-

参加費用

詳しい料金表は公式ホームページをご確認ください。

注意:
会議登録・Gala・テクニカルツアーの通貨はUSDです。
“Member”はITS Americaの会員資格を表します。

詳しくはRachel Rettberg<rrettberg@itsa.org>にお問い合わせください。

今後の予定

・ 2017年8月25日 ファイナルペーパー投稿および登壇者登録通常料金適用

皆様のご参加をお待ちしております。