第21回ITS世界会議デトロイト2014

 

「第21回ITS世界会議デトロイト2014」へのご参加誠にありがとうございました。
開催概要を以下に報告いたします。

本会議のFinal Programはこちらをご覧ください。

論文の購入はこちらからご注文ください。

開催概要 (2015年5月26日 更新)

【会期】 2014年9月7日(日)~11日(木)
【会場】 Cobo Center
【会議テーマ】 “Reinventing Transportation in our Connected World”
         「つながる世界で、あらたな交通の創世へ」
【主催】 ITS America
【公式Webサイト】 http://itsworldcongress.org/(現在はご利用になれません)
【主な速報値】
・ 総参加者数:9,140人
・ 会議登録者数:約2,462人
・ 参加国/地域:57ヶ国
・ セッション数:263
・ 出展団体数:330

開会式

日時:9月7日17:00-18:30(レセプション16:00-17:00)
キーノート:General Motors CEO       Mary Barra
登壇者
 デトロイト世界会議組織委員長         James Barbaresso
 ミシガン経済開発公社(MEDC) CEO     Mike Finney
 ミシガン州アメリカ上院議員              Carl Levin    
 米国運輸省長官                            Anthony Foxx 
 ERTICO- ITS Europe 会長              Jean Mesqui
 日本総務省総合通信基盤局電波部長   富永 昌彦
 ITS America会長               Kirk Steudle

MaryBarra_a

Mary Barra

 功労者-Lifetime Achievement-の3極の受賞者:
 AP 石 太郎 (早稲田大学)
         第11回ITS世界会議組織委員会事務局長
         ITS AP/AP Forum設立を主導
 米国 Lyle Saxton, Federal Highway Association 
         1990年代初期、連邦ITSビジョン・戦略策定
            ITS America設立を主導
 欧州 Heinz Sodeikat, Principal, AHS Management Consulting (欠席) 
            元ERTICO会長、ITS America ex-officio BODメンバー
             第4回ITS世界会議ベルリン BOD議長 

TaroIshi_a

石先生(左から2人目)

 

Plenaries

PL1 “Reinventing Policy to Support the New ITS”:9月8日8:30-10:00
 キーノートスピーカ:Ford 会長                         Bill Ford
 モデレータ:ミシガン大学交通研究所                Peter Sweatman
 登壇者: シンガポール 陸上交通局 局長         Hock Yong Chew
                      欧州委員会 DG Move  Head of Unit   Claire Depre
                      オーストリア ASFINAG 理事      Klaus Schierhackl
                      米国フロリダ州運輸省                 Ananth Prasad
                      米国ジョージア州アトランタ都市圏高速交通局 Keith Parker

PL1_a

Bill Ford (左)

PL2 “Reinventing Business Models for the New ITS”:9月9日8:30-10:00
 キーノートスピーカ:Verizon CEO                    Lowell McAdam
 モデレータ:米国国立再生可能エネルギー研究所 Dana Christensen
 登壇者: Chinese-Taipei  ITS Taiwan 会長        John Sun 
                    中国 China ITS Alliance会長     王笑京 
                    英国 ロンドン市交通局             Leon Daniels 
                   フランス ボルドー市                     Michael Labardin
                    米国 HERE 副社長                     Ogi Redzic 
                    米国    Visteon CEO                    Timothy Leuliette

PL2_b

Lowell McAdam

PL3 “U. S. Department of Transportation Plenary:
Building the Foundation for our Connected Society” :9月9日15:00-16:30
登壇者: 長官官房 運輸次官補                            Gregory D.Winfree  
     国家道路交通安全局(NHSTA) 局長代理     David J. Friedman
             連邦高速道路局(FHWA)  副長官              David Kim
             連邦公共交通局(FTA) 副局長                  Therese W. McMillan

CTOサミットセッション

ITS各分野をリードする企業の技術部門の責任者を中心に、将来のモビリティでITSが担うべき技術的な役割について、様々な角度から議論が展開されました。
CTO2 では渡邉が内閣府SIPのプログラムディレクターとして登壇し、自動走行システムに関する日本の研究開発動向を紹介しました。

CTOプレナリー: 9月8日12:00-14:00
第1部 „Vision of ITS in 2025: Panel 1“ 
 キーノートスピーカ:Delphiオートモーティブ社CEO   Rodney O’Neal
 モデレータ:Delphiオートモーティブ社 CTO              Jeffry Owens
 登壇予定者:Fordモーター CTO                           Paul Mascarenas
                  TEMAトヨタテクニカルセンター 副社長  Kristen Tabar
                  Texas Instruments CTO                       Ahmed Bahai

第2部 „Vision of ITS in 2025: Panel 2“
モデレータ:Delphiオートモーティブ社 CTO               Jeffry Owens
登壇予定者:General Motors  CTO                            Jon Lauchner
      Visteon Corp., イノベーション担当グローバルディレクタ   Tim Yerdon
                 ドイツContinental Automotive 上級副社長   Ralf Lenninger
                 Honda R&D Americas Inc. 社長              Frank Paluch

CTO2  „Connectivity and Automation“: 9月8日15:00-16:30
モデレータ::ミシガン大学交通研究所                    Peter Sweatman
登壇予定者:フランス Valeo R&D部門 上級副社長  Jean-Francois Tarabbia
                  米国NVIDIA  自動車部門シニアディレクタ Danny Shapiro
      Xerox 上級副社長                                  Kenneth Mihalyov
      日本内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム (SIP)
         プログラムディレクター                渡邉浩之
      デンソーアメリカ エンジニアリング担当副社長   Doug Patton

CTO3  “Future Mobility“: 9月9日 13:00-14:30
モデレータ::Delphiオートモーティブ社 VP兼チーフテクノロジストAndrew Brown
登壇予定者:TransCore社   EVP兼 CTP                     Kelly Gravelle
                 Robt Bosch LLC                                   Tanvir Arfi
                 ドイツSiemens AG インフラ&都市セクターCTO    Rainer Speh
                 ドイツVolkswagen AG エレクトロニクス兼車両開発責任者 Thomas Form
                 Qualcomm 戦略開発部門副社長             Chris Boroni-Bird

CTO4  „Government and Policy“: 9月10日13:30-15:00
モデレータ:Econolite 社長 兼 COO                         David St.Amant
登壇予定者:SAE  ディレクタ                                  Andrew Smart
      米国運輸省  CIO                                  Richard McKinney
                  中国交通部 国家ITSセンター 主任       王笑京
                  Cisco 政府業務部門 ディレクタ          Mary Brown
                  オランダImtech CTO                           Klaas Rozema
                  米国Army Tank Automotive Research Development and Engineering Center
                      (戦闘車両研究開発 技術センター-TARDEC)ディレクタ Paul D. Rogers

Executive Sessions

テーマに基づいて招聘された欧米AP3地域を代表するITS産官学の専門家が集い、
ITS普及における課題や政策について講演を行いました。(12コマ)

セッションタイトルと日本からの登壇予定者は以下の通りです:

ES01 The Roadmap to Automated Transportation
 市川 類    内閣官房 IT総合戦略室 参事官
   永井 正夫        日本自動車研究所代表理事・所長(モデレータ)
ES02 International Cooperation to Spread and Expand ITS 
 山本 巧    国土交通省道路局 道路交通管理課ITS推進室長
ES03 Worldwide Deployment of Cooperative Systems
ES04 Improving Traffic Safety through ITS
 谷口 正信     国土交通省自動車局 技術企画課 専門官
ES05 ITS and the New Mobility
ES06 Big Data and Open Data – the Big Issues
 吉田 健一郎  経済産業省製造産業局 自動車課 
          電池・次世代技術・ITS推進室長
ES07 ITS: Essential for Sustainability
ES08 Innovation for Mobility in Smart Cities 
    尾﨑 信之        株式会社東芝 鉄道・自動車システム事業部 技監
ES09 Driving Freight Efficiency with ITS
ES10 Ways to Achieve Smoother Traffic
 山本 和毅   警察庁長官官房 参事官
 大口 敬    東京大学 教授 (モデレータ)
ES11 ITS and Economic Growth
ES12 Global Harmonization of ITS Rules and Standards
 森下 信   総務務省総合通信基盤局電波部 
        移動通信課新世代移動通信システム推進室長

Special Interest Sessions

各地域の専門家が企画し、研究・実用段階のITSに対する個別のテーマについて深く掘り下げ、最新の技術や施策を議論します。
 87セッション数のうちAPからは21セッションが企画されました。
日本のオーガナイザーによるセッションは以下の通りです。

SIS03 “Sharing of Road and Traffic Information”      (ITS Japan普及促進G)
SIS06 “Cooperative ITS for Now and the Next (Round 3)” (ITS Japan)
SIS17 “Japan-US-European Collaborative Research on the Use of Probe
             Data”                          (国土交通省道路局)
SIS18 “Driving Behavior by Aged People and its Countermeasure
             using KUSANONE ITS”                                        (高知工科大学)
SIS30 “Evaluation Methodology of the Effects of ITS on CO2 Emissions
             and its Application”                                              (ITS Japan)
SIS32 “Creation of Next Generation Mobility Society  by Circulating ITS Big Data
             ―from Autonomous Driving to Elderly Driving Support”                 
                                                                 (インターネットITS協議会)                                          
SIS34 “Minimum Quality Requirements for Driving Event Video Recorder
             to Secure Safe Driving Management drive recorders” 
                                                               (UK Consultant)
SIS43 “What is the Most Important Point in ITS Deployment in Mega-Cities 
             of Asia-Pacific?”                                                      (ITS Japan)
SIS60 “Radiocommunication Technologies for Advanced ITS”        (総務省)
SIS62 “Strategy of Practical Implementation of V-I Cooperative
             Systems for Traffic Accidents Avoidance”                     (警察庁)
SIS72 “Automated Driving Technology Research in Japan — Strategic
             Innovation Promotion Program”                                (ITS Japan)
SIS73 “Future Mobility Beyond 202X”                                     (ITS Japan)
SIS75 “Traffic Sensing by Various Manners”               (東芝)

Technical, Scientific Sessions / Interactive Sessions

Scientific Paper 146編 Technical Papers 510編への採否が通知され、全126セッションで約570編が発表された。

Best Paper Award
7編の優秀論文が決定され閉会式にて表彰されました。
I-94 Truck Parking Information and Management System – Providing Value through Success Management
Collin Castle, Connected Vehicle Technical Manager, Michigan DoT, USA
RoadRunner: Infrastructure-less Vehicular Congestion Control
Jason Gao, Massachusetts Institute of Technology, USA
Generating summaries from Field Operational Test Data
Sami Koskinen, VTT Technical Research Centre of Finland, Tampere, Finland
Virtual ITS training – a reality!
Peter von Heidenstam, Swedish Transport Administration, Sweden
When Gap Acceptance does not apply – a new approach
Erlend Aakre, NTNU Traffic Engineering Research Centre, Norway
A Novel Controller Design for Collision Avoidance Systems Using Sensor Fusion Method
Ming Hung Li Automotive Research & Testing Center Chinese-Taipei
A GPS-enabled Smart Phone App with Simplified Diagnosis Functions of Driving Safety and Warning Information Provision
Junyi Zhang Professor, Hiroshima University, Japan

優秀論文は以下の論文集に掲載の機会が与えられます:
“The Journal of Intelligent Transportation Systems”
“IET Intelligent Transport Systems”
“International Journal of Intelligent Transportation Systems Research”

詳しくはITS Japan国際グループ 井出にお問い合わせください。

展示会

期間:9月8日 10:30-18:30
   ※10:15-10:30 公式リボンカッティング
   ※10:40- 日本館リボンカットセレモニー
   9月9,10日  9:00-16:30
   9月11日 9:00-12:00

公式リボンカッティングでは欧州委員会・ロンドン市交通局からの来賓に加え、3極を代表してITS Japanの天野専務理事、ERTICOのJean Mesqui氏、組織委員長Jim Barbaresso氏が鋏を入れました。

公式リボンカットに続き、 Japan Pavilionにて日本からの出展の御礼と会議・展示会の成功を祈念し、出展企業・団体の代表者、来賓からのご挨拶に続いてリボンカットを行いました。

ITS-Americaとその会員企業を中心に、欧州、アジア太平洋地域からの出展を含め、330の出展企業・団体となり、9140人が参加しました。全体的に、高度運転支援・自動運転(コネクテッド・ビークル)、ビッグデータに関連した技術等が目を引いた。全米一の自動車産業の拠点として、様々な取り組みを進めているデトロイトでもあり、この地に拠点をおくゼネラル・モータース(GM)、フォードをはじめとして、アメリカを代表する自動車関連企業・交通関連企業により、これからのアメリカの自動車産業・交通産業を支えていく技術が集められました。

日本からは、単独での8企業・団体に加え、メインエントランス前に構えたJapan pavilionに18企業・団体が参加し、日本企業・団体の取り組みを紹介しました。

①日本から出展した企業/団体(8企業/団体)
アイシン精機(株)・アイシンAW(株)、(株)デンソー、トヨタ自動車(株)、パナソニック(株)、日立ソリューションズ(株)、(株)Forum8、本田技研工業(株)、三菱重工業(株)

②JAPAN Pavilion出展企業/団体(18企業/団体、30小間)
内閣府、総務省、国土交通省道路局、道路新産業開発機構(HIDO)、UTMS協会、道路交通情報システムセンター(VICS)、東京都、東日本高速道路(株)、中日本高速道路(株)、西日本高速道路(株)、首都高速道路(株)、阪神高速道路(株)、住友電気工業(株)、(株)東芝、日本電気(株)、富士通(株)、三菱電機(株)、ITS Japan

ブースレイアウト図は公式websiteをご覧ください。

テクノロジーショーケース

実施期間: 9月8日 10:30-18:30
      9月9,10日     9:00-16:30
      9月11日  9:00-12:30
会場:展示会場・Atwater駐車場・Belle Isle

・ カーメーカーの他、サプライヤー・通信事業者による、自動運転や協調型運転支援システム関係の32のデモンストレーションが実施されました。

Denso

Denso

GM

GM

Toyota

Toyota

Honda

Honda

HERE

HERE

 

テクニカルツアー

・ USDOT Safety Pilot Model Deployment (SPMD)
・ Southeast Michigan Transportation Operations Center (SEMTOC) Tour
・ Traffic Operation Centre
・ Macomb County Communications and Technology Center
・ GM Volt Plant Tour
・ OnStar Command Center

タウンホールセッション

2013年東京大会に引き続き、ランチタイムに一般来場者向けに産業界のリーダーや交通行政の専門家を招いて、ビッグデータ・高度運転支援・自動運転をテーマにした公開セッションが開催されました。

場所: Cobo Atrium
TH01: 9月10日12:30-13:30  
”Prime Time for Big Data”
  登壇者:富士通株式会社イノベーションビジネス本部
          テレマティクスサービス統括部長 佐藤 純
 TownHall_aa

TH02: 9月11日12:30-13:30
”How Automated Driving Will Shape the Future of Our Transportation System”

エマージェンシーレスポンダーデイ

9月7日に最新のITS技術を使ったタンクローリー事故の緊急対応のデモを行うとともに関連セッションも開催した。

ネットワーキング

・ Opening Ceremony Reception:9月7日 場所:Cobo Center
・ Exhibitors Welcome & Regional Reception:9月8日 場所:展示会場
・ ITS World Congress Transportation Tweetup:9月8日
・ Macomb Country Dinner Cruise:9月8日(別料金)
・ “Michigan Festival” “Flavor of Michigan” presented by ITS Michigan:
                                                                          9月9日 場所:Belle Isle Casinos
・ Detroit Gala and Dinner:9月10日 場所:Cobo Ballroom

閉会式

日時:9月11日15:30-17:00  会場:Grand Ball Room

CL_PaperAward_a

優秀論文賞受賞者

Passing the Globe Ceremony

Passing the Globe Ceremony

皆様のご参加誠にありがとうございました。