第25回ITS世界会議コペンハーゲン2018

コペンハーゲン市は2025年までにCarbon Neutralな首都になることを目標に、交通安全や環境・渋滞対策に取り組んで成果を上げています。専門家同士のネットワークにより知見を深め、日ごろの取り組みを披露し、さらに協力を推進できる本世界会議をより有益なものにしていくため、皆様のご意見をお待ちしております。

* デモは8月下旬にリリース予定のスマホアプリから参加登録を受付予定です。

主催者ハイライト記事(英語) 1. Ports freights and logistics
主催者ハイライト記事(英語) 2. Connected and Automated Mobility
主催者ハイライト記事(英語) 3. Blockchain and Cybersecurity
主催者ハイライト記事(英語) 4. ITS and the Environment
主催者ハイライト記事(英語) 5. 5G_EN_Final

開催概要 (2018年8月9日 更新)

【会議テーマ】:”ITS – Quality of Life”
【会期】    :2018年9月17日(月)-21日(金)
【公式ウェブサイト】:http://itsworldcongress.com/
【会場】   :Bella Center
【主催】    :ERTICO 欧州委員会

目標値

① 総参加者         4000人
② 展示会参加者 10000人以上
③ 参加組織       500 
④ 参加国    100以上

セレモニー

開会式:9月17日16:00-17:30

閉会式:9月21日12:15-13:00

コングレストピックス

  Mobility services –from transport to mobility to livability
  ITS and the environment
  Connected, cooperative and automated transport
  Next generation goods delivery
  Satellite technology applied to mobility
  Transport networks operations
  Cross-border mobility solutions

セッションプログラム

*Preliminary Programは公式ホームページよりダウンロードできます。

プレナリーセッション
  PL1-ACHIEVING HIGHER QUALITY OF LIFE IN OUR CITIES
   9月18日11:00-12:30
  PL2-ENSURING INTEGRATED MOBILITY SERVICES
   9月19日11:00-12:30
  PL3-WHAT’S NEXT FOR AUTOMATED MOBILITY?
   9月21日11:00-12:15

エグゼクティブセッション(12コマ)
  ES01 HEALTHY AND LIVEABLE CITIES
  ES02 PUTTING CITIZENS FIRST IN MOBILITY DESIGN
  ES03 ESSENTIALS FOR DEVELOPING A SMART CITY
     中里 学   務省総合通信基盤局電波部移動通信課
                                    新世代移動通信システム推進室長
  ES04 MANAGING THE EBBS AND FLOWS OF TRAVEL
  ES05 MAAS: SEAMLESS AND EFFORTLESS MOBILITY
  ES06 INSTITUTIONAL AND LEGAL CHALLENGES OF COOPERATIVE,
          CONNECTED AND AUTOMATED MOBILITY (CCAM)
     矢野 厚     住友電気工業株式会社 顧問(モデレータ)
     杉 俊弘     警察庁交通局交通企画課自動運転企画室長
  ES07 THE ROLE OF OPEN DATA IN THE DIGITAL INFRASTRUCTURE
     安部 勝也  国土交通省道路局 道路交通管理課ITS推進室長
  ES08 EFFICIENCY IN FREIGHT TRANSPORT
  ES09 DELIVERING EFFECTIVE COOPERATIVE, CONNECTED AND
          AUTOMATED MOBILITY (CCAM)
     八山 幸司  内閣官房 情報通信技術総合戦略室 参事官
  ES10 THE REAL IMPACTS OF COOPERATIVE, CONNECTED AND
          AUTOMATED MOBILITY (CCAM)
     垣見 直彦  経済産業省製造産業局 自動車課 ITS・自動走行推進室長
  ES11 ENHANCING CYBERSECURITY & RESILIENCE OF
          TRANSPORT INFRASTRUCTURE
  ES12 UPPING THE GAME IN SAFETY
     平澤 崇裕  国土交通省 自動車局 技術政策課 自動運転戦略室長

スペシャルインタレストセッション(全91コマ)
各地域の専門家が企画し、研究・実用段階のITSに対する個別のテーマについて深く掘り下げ、最新の技術や施策を議論します。日本からは以下のセッションが企画されています(カッコ内は企画者):

SIS02 COMMUNICATION TECHNOLOGIES FOR CONNECTED VEHICLES AND
                      AUTOMATED DRIVING (総務省)
SIS09 LEGAL FRAMEWORK FOR AV ACCIDENT          (ITS Japan)
SIS13 PUBLIC AND PRIVATE PARTNERSHIPS TOWARDS QUALITY OF
               MOBILITY AND QUALITY OF LIFE(ITS Japan)
SIS19 THE NEXT TRAFFIC MANAGEMENT WITH OPEN BIG DATA TO
             AUTOMATED DRIVING ERA(住友電気工業株式会社)
SIS24 SMART VILLAGES: ITS IN RURAL AREAS         (国土土交通省)
SIS32 ADVANCED TECHNOLOGIES FOR OPERATION AND MAINTENANCE
                                  OF ITS FACILITIES (
ネクスコ西日本ファシリティーズ)
SIS35 STRATEGY OF PRACTICAL IMPLEMENT OF V-I COOPERATIVE
         SYSTEMS FOR TRAFFIC ACCIDENT AVOIDANCE  (警察庁) 
SIS53 IMPACT ASSESSMENT OF AUTOMATED VEHICLES ON TRAFFIC
                                               FLOW AND ENVIRONMENT   (東京大学)
SIS62 TRAFFIC IOT SENSING BY VARIOUS MANNERS        (東芝)
SIS86 USER FRIENDLY ROAD INFRASTRUCTURE MATCHED TO MULTIPLE
     ROAD USERS UTILIZING DRIVE RECORDER  (UKコンサルタント)  

テクニカルセッション・サイエンティフィックセッション
  最新スケジュールは  公式ホームページのInteractive Timetable または
  Preliminary Programでご確認いただけます。

以下のセッションは展示会場内のシアターで開催されます:
  Commercial Paper Sessions
  Commercial Presentation Sessions
  Out-of-box sessions

展示会

期間:9月17-21日
開場期間: 9月17日17:30-20:00
      9月18日 8:30-17:30
              9月19日 8:30-17:30
              9月20日 8:30-17:30
              9月21日 8:30-13:30   

日本からの単独出展団体:
 トヨタ自動車、デンソー、アイシン、パナソニック、ホンダ、フォーラム8 
 Japan Pavilion*
 *Japan Pavilionでの共同出展団体:
    ① 内閣府 ②総務省 ③経済産業省 ④国土交通省道路グループ** ⑤UTMS協会
    ⑥VICSセンター ⑦三菱電機 ⑧富士通 ⑨JTEKT ⑩住友電気工業 ⑪東芝IS
    ⑫日本電気 ⑬ゼンリン ⑭KDDI ⑮愛知製鋼 ⑯ミックウェア
    ⑰日本緊急通報サービス ⑱ITS情報システム推進会議 ⑲PTV Japan
    ⑳第5世代モバイル推進フォーラム ㉑ITS Japan
    **)道路新産業、日本デジタル道路地図協会、ITSサービス高度化機構、
         NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、首都高速道路、阪神高速道路

その他のイベント: スタートアップコネクター
    場所:AREA C

展示コマ販売中です。詳しくはCall for Contributions、または
Commericial Partnership and Exhibition Brochure をご覧ください。
展示開場のブースレイアウトはこちらからご覧になれます。

出展に関する問い合わせ先:intl@its-jp.org

デモンストレーション

Living Lab Bus – Innovations and Electricity
Urban jungle – オンデマンド無人シャトルサービス
Q-Free – 協調ITSサイクリスト体験
NordicWay 2 -会場周辺でのC-ITS体験試乗。
Kiolis – Autonomous cab
Swarco – 自動駐車
C-MobILE – C-ITS相互接続性デモ

会場周辺・市内・郊外のコースで開催されます。
デモに関する問い合わせ先:itsworldcongress2018@tmf.kk.dk

コペンハーゲン1:1ツアー

市内に実装されたITSソリューションをコペンハーゲン市の担当者が
案内する視察ツアーです。(各EUR50)
  自転車ユーザー向けITSソリューション
  インテリジェント街灯システム
  市内C-ITSソリューション
  自転車で目指す都市計画
  ボートツアー
  コペンハーゲンストリートラボ&BLOXHUB訪問
  市内交通管制プラットフォーム

テクニカルビジット

以下の10のメニューで参加者を募集しています。(各EUR50)
  トラフィックタワーイースト:交通管理センター
  未来のモビリティ-イデオンサイエンスパーク
  DTU視察:Transport2.0 meets Energy2.0
  Aalborg大学
  Oresund橋
  DOLLリビングラボ
  Malmoスマート&グリーン交差点(スウェーデン)
  コペンハーゲンエネルギーラボEVインフラ
  メトロシティリング線
  コペンハーゲン無人運転メトロ

ソーシャルイベント

ウェルカムレセプション:展示会場9月17日
ガラディナー:ØKSNEHALLEN 9月19日(EUR145.00)

他にも多数のワークショップや付随イベントが予定されています。

詳しくはPreliminary Programをご覧ください。

その他

  MaaSの一端を体験できるコングレスアプリをリリースする予定です。

参加料金

           (7月2日まで) (7月3日以降)(9月10日以降)
Congress Delegate     EUR 1160  EUR 1360        EUR 1560
Exhibitor Delegate      EUR 960       EUR 1160        EUR 1360
Speaker Moderator     EUR 860       EUR 1060        EUR 1360
                         
Accompanying Person EUR 75     EUR 75           EUR 125

GALA Evening             EUR 145

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

今後の予定

・ 2018年7月末       「セッションの概要」発行 
・ 2018年9月7日      発表者プレゼンテーション事前アップロード期限 
・ 2018年9月16日    現地登録受付初日  

 

皆様のご参加をお待ちしております。