ITSによるスマートコミュニティ実現委員会

尾﨑委員長(東芝)

【目的】

  • 新たな価値と魅力を持ったモビリティサービスを創造するとともに、社会の抱えるさまざまな課題を解決し、まちづくりに向け進むべき方向性を検討
  • エネルギー・環境、利便性、まちの活性化等の視点に基づき、ITSで実現する交通サービスモデルを構想し、その実現にかかわる課題の改善を提言することで、持続可能なビジネスの創出に寄与

【活動概要(中計期間)】

  • まち全体をより良い交通体系へと近づけるアプローチとして、エネルギー・環境、利便性、まちの活性化等の視点に基づき、ユースケースによる分析を通じて、社会的価値を評価する指標としてまとめる
  • PMVによるカー・シェアリング、ライド・シェアリング等の新たな交通形態、および、電動車両利用における充電スポット利用と電力マネージメントのありたい姿をまとめる。
  • これらの検討結果をもとに、関連する団体(充電、地方自治体、NPO等)に対し働きかけを行い、実現への糸口を探る

【想定アウトプット(出口戦略)】

  • フレームワークと指標をまとめ、他の委員会等の活動においても広く活用可能な成果とする
  • サービスモデルとそれによりもたらされる顧客価値、事業者価値、社会的価値をモデルケースとしてまとめ、対象となる団体等へ提案する
  • サービスモデルを実現するうえでの課題(規制緩和、インフラ投資、標準化)をまとめ、提言につなげる

 図_ITSによるスマートコミュニティ実現委員会2016