第16回ITSシンポジウム2018 プログラム

開催概要 プログラム 会場のご案内

大会委員会

最終論文提出要領 発表者要領 参加登録

発表論文ダウンロード
(11月下旬公開予定)

プログラム

詳細プログラムはこちらをご覧ください.

12月13日(木) 10:00-10:15
開会式

実行委員長挨拶    松岡 敬     同志社大学 学長
主催者挨拶          天野 肇     特定非営利活動法人ITS Japan 専務理事

 

12月13日(木) 10:15-11:00
基調講演   モビリティサービスによる社会変革

現在、自動車産業は100年に1度の大変革期にある。世界の自動車産業は今後、どのように進化するのか。進化のけん引役になるのは、「自動運転」と「次世代型モビリティーサービス」である。
将来の無人運転を視野に入れた自動運転技術と、カーシェアリングやライドシェアリングなどの次世代型モビリティーサービスが融合することで、自動車産業の姿は大きく変わりうる。

本講演では、既存の公共交通サービスの抱える課題を踏まえて、自動運転技術と次世代モビリティーサービスに焦点を当て、各国における前提条件をできる限り多面的に考察し、その違いを踏まえた形で、それらの普及シナリオの描出と既存産業へのインパクトを評価する。

キーノートスピーカ
鈴木 裕人          ア-サ-・デイ・リトルジャパン パートナー

 

12月13日(木)  16:00-17:30
企画セッション1  「AIと倫理」の議論はなぜ噛み合わないのか?

自動運転の進展が社会に及ぼす影響を考える上で、「AIのなす判断の倫理性をどう考えるか?」といった議論は避けて通れない問題である。そして、このようなAIの判断に関する倫理の問題については、様々な立場から多様な議論があるが、しかし、それらの多くは「平行線」で「噛み合っていない」ものが多い。一体なぜこのような倫理の議論は、すれ違うことが多いのだろうか。

その理由としては、議論のスタート地点(前提条件)の違いや立場の違い、前提知識の違いなど様々なものが考えられるが、本セッションでは、技術者・法学者・哲学者など多様なパネリストとともに、そのすれ違いの理由を紐解いていくことで、AIと倫理の問題の突破口を探ることを目的とする。

モデレータ
田口 聡志          同志社大学 商学部 教授

パネリスト
江間 有沙          東京大学 政策ビジョン研究センター 特任講師
曽我部 完          株式会社グリッド 代表取締役
林 秀弥             名古屋大学大学院 法学研究科 教授

 

12月14日(金)  9:30-11:00
企画セッション2    自動運転がもたらす社会の変革

自動運転のもたらす社会へのインパクトについては、交通事故の削減、ドライバー不足への対応、モビリティのサービス化(Mobility as a Service)といったように、モビリティ領域での直接的な影響が議論される場合が多い。しかし、自動運転は、こうしたモビリティの変化を通じて、人々の生活のスタイルや都市の構造等にも、間接的に大きな影響を及ぼすものと考えられる。また、自動運転車の生産や稼働に必要なモジュールや情報サービスが、これまでの自動車とは異なる多様な主体から提供される可能性を踏まえると、自動運転は、自動車産業等の産業組織やビジネスエコシステム、さらには、日本の産業構造にも大きなインパクトを与えることになるだろう。このセッションでは、自動運転技術の普及がもたらすこうした社会の変革を議論する。

モデレータ
三好 博昭         同志社大学 政策学部 教授 / 技術・企業・国際競争力研究センター長

パネリスト
糸久 正人         法政大学 社会学部 准教授
岩本 晃一         経済産業研究所/日本生産性本部 上席研究員
紀伊 雅敦         香川大学 創造工学部 教授
坂井 康一         東京大学 生産技術研究所 次世代モビリティ研究センター 准教授

 

12月14日(金)  16:00-17:30
企画セッション3     Mobility as a Serviceで描く都市交通

Mobility as a Serviceは、我が国の交通サービスに革命をもたらすだろうか。世界的な観光都市京都を題材に、Mobility as a Serviceによる未来の都市交通への期待とその実現にあたっての課題について議論する。

モデレータ
土井 勉            大阪大学COデザインセンター 特任教授 / 一般社団法人グローカル交流推進機構 理事長

パネリスト
藤垣 洋平         日本学術振興会 特別研究員 (東京大学大学院工学系研究科)
木津 雅文         トヨタ自動車株式会社 MaaS事業部 担当部長
大久保 園明      京阪バス株式会社 ICT推進部
鈴木 章一郎      京都市 都市計画局 局長

 

対話セッション (ポスターによる対話型セッション)

8つのセッションで101編の論文が発表される予定です。詳しくはプログラムをご覧ください。

「体験!自動運転カーの経済価値に関する経済実験」

現在、社会科学の領域では、行動経済学など「実験」を用いて経済行動に潜む人間心理を分析する研究が注目されており、同志社大学でも、2017年から実験ラボの運用を開始し、このような研究に積極的に取り組んでいます。今回は、自動運転カーの経済価値を測る簡単なゲームを企画しました。発表の合間にご参加いただき、社会科学における「実験」を疑似体験して頂けたら幸いです。多くの方のご参加をお待ちしています。

  • 場所:同志社大学寒梅館3階オムロンルーム
  • 体験時間:約15-20分程度
  • 実施日時:12月13日および14日 (13時~14時30分)

参加をご希望の方は参加登録の際に希望日(12月13日または14日)をお選びください。
申込みは定員になり次第締め切らせていただきます。
具体的な参加時間帯は12月上旬にメールにてご連絡いたします。

 バンケット 12月13日(木)

ホテル 京都ガーデンパレス 大宴会場 「葵」
京都市上京区烏丸通下長者町上ル龍前町605 (Tel 075-411-0111)
(寒梅館より徒歩 10 分)